top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』第一作とは様相が大幅チェンジ

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 関東の地震が心配です。皆様、どうかご無事で。


 さて、今回は映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』を紹介します!


[基本情報]

 監督:佐藤東弥

 脚本:福本伸行 / 山崎淳也 / 大口幸子

 配給:東宝

 製作年:2011年

 上映時間:133分


[登場人物]

伊藤カイジ:藤原竜也

 借金生活から脱出するために賭博をする男。


一条聖也:伊勢谷友介

 ブレイブ・メン・ロードを渡り切った男で帝愛の幹部。自分の前にカイジが渡ったことを知り、闘争心を燃やす。

石田裕美:吉高由里子

 前作でカイジと共にブレイブ・メン・ロードに挑んだ伊藤の娘。カイジが父を突き落としたと信じている。


利根川幸雄:香川照之

 カイジに敗れ、地下に落ちていたが、地上へと這い上がってくる。


坂崎孝太郎:生瀬勝久

 帝愛のカジノでカイジに話しかけてきた男。一緒に一攫千金を狙う。


[内容]

 カイジは再び地下社会で肉体労働を強いられていた。しかし仲間と結託して班長からお金を巻き上げ、二週間地上に出る権利を得る。仲間たちに借金返済できるように稼いでくると約束してみんなから預かった総額109万円を手に出発する。

 二週間で2億に増やしたいカイジは帝愛グループのカジノに入る。そこで知り合った坂崎からパチンコ 通称ヌマを知り、カイジはヌマに挑むことに決める。

 しかし攻略法が分からず、街中を徘徊していると利根川を見つける。彼と勝負を挑み、ヌマに勝負するきっかけを得る。そしてカイジはヌマを目指す。


[感想]

 『カイジ 人生逆転ゲーム』に続く劇場版カイジ第二作。仲間のために頑張ろうとする姿を描く。

・心理戦よりも根気の賭博

 第一作のジャンケンやeゲームの時の心理戦に比べたら、本作品は根気を見せた作品。ひたすらパチンコの玉を眺めている姿が映しだれていたときには、こちらの根気が試されているように感じてしまう。

 最終的に勝利することは予想がついているので、パチンコで勝利する瞬間をどのように演出するのか、に注目しながら見るのが緊張感を味わうポイントだったように思う。そして、どんな障壁を用意しているのかという部分と。

 ただ、やはり前作に比べて相手の裏をかこうとする心理戦的な要素が少なかったのは物足りないと感じてしまった。


・カイジがお金のためではなく仲間のために動く

 いつからカイジが人のために頑張るキャラになったのか。前作ではとにかく借金まみれの生活から脱出し、今までの敗者生活から抜け出すという、どちらかというと自分の過去と決別するための戦いという構図だったのが、今回は、カジノで知り合った坂崎を信用して、さらには利根川を信用し、そして石田の娘を信用する。その度に、「お前は甘い」と言われている。「つくづく甘い」とまで言わせる仲間想いのキャラに変貌している。

 何かテイストが変わったように感じる第二作。


・五割は以上はパチンコと向き合っていた?

 坂崎の部屋に居候している様子もあったものの、基本的には帝愛のカジノでパチンコ ヌマを前にした場面が中心の構成。その中で、群がってくる野次馬。なぜかみんな一体となって応援している様子が不気味だった。

 

 第一作からテイストが大幅に変わったように感じた続編だった。

鑑賞日:2021年10月7日


 皆様の感想も是非お聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『ザ・ロストシティ』ジャングルの奥へ!※ネタバレ

こんにちは、Dancing Shigekoです! サンドラ・ブロック主演作品を鑑賞してみる。 今回は映画『ザ・ロストシティ』を紹介します! [基本情報] 原題:The Lost City 監督:アーロン・ニー アダム・ニー 脚本:オーレン・ウジエル デイナ・フォックス アーロン・ニー アダム・ニー 原案:セス・ゴードン 製作:ライザ・チェイシン サンドラ・ブロック セス・ゴードン 製作総指揮:JJ

国内ドラマ『ウソ婚』第11話 ウソ婚、終結!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 終わりの時が近づいているのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第11話を紹介します! [内容] #11 狂い始めた2人の歯車…20年越しの想い 八重は匠に距離をとるようになっていた。匠は何が起きたのかを調べようと、訪問してきたと思われる西野に電話をすると、八重が結婚は嘘だということを伝えていたことを知らされる。匠は八重に無理をさせていたことに気づき、自

Commentaires


bottom of page