top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第18話 ついに小野田覚醒!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 勝負の行方が気になる!

 今回は アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第18話 を紹介します!

 前回感想→こちら

[内容]

#18 一歩一歩

 真波は御堂筋を何度も突き放す。突風に乗って、加速していく。御堂筋も同じように突風に乗って追いつく。その攻防をしている頃、後方では小野田が走っていた。

 小野田は巻島の思いを受けて、金城の言葉を思い出して、今泉とトップになるために走っていく。ひたすら走り、ついに先に行く御堂筋と真波に追いつく。

 御堂筋は意味が分からないと言いながら、突き放そうとするが、小野田は離されることなく、追いつき、先をおさえていくのだった。

[感想]

 今泉に続いて小野田も覚醒する一話。

<トップ目指した攻防>

・御堂筋と真波の攻防

 真波が御堂筋との戦いを楽しんでいる。御堂筋は、真波から滲み出ている集中力と強さに、気持ち悪くない、と言う。少しばかり危険と感じている。それでもねじ伏せようと、真波の仕掛けに動じることなくついていく。

 真波が風に乗って加速したと思ったら、御堂筋もその直後の風に合わせて、加速してすぐに追いつく。そんな展開。御堂筋自身もかなりの規格外。東堂がそう言うのも分かるような気がする。この二人、どこまで行くのか。

 

・一人でも走り続ける小野田

 と思っていると、小野田が一人で走り続けている。とにかく前の二人に追いつき、さらには巻島に言われた通り、今泉に追いつくために、ひたすらケーデンスを上げていく。息遣いがかなりしんどそうだけれど、その結果、とうとう御堂筋と真波に追いつく。本気の勝負をしている二人に追いつく。しかも風避けなしで、自力で坂道を登ってくる。この潜在能力の高さ、やはり小野田がこの大会の1番の化け物のような気がする。

<チーム一丸>

・小野田を信じている巻島

 東堂は真波を信じている。同様に巻島は小野田を信じている。小野田と今泉の裏門坂の戦いを見た時から、小野田に異次元のものを感じ始めている。ウェルカムレースでの追い上げ、さらには合宿での二年との戦いとそれぞれの場面を振り返り、小野田は常にオーダーをこなしてきているという。

 これまで必ず言われたことをやり遂げてきている。だから、渾身の力で押し出し、必ずゴールに総北のジャージを届けてくれ、と頼む。その言葉が実現することを信じている巻島。

 いよいよロードレース界に名を轟かせる時がやってきたのかもしれない。

<典型的な山道?>

・森の中のような坂道

 残り9km。小野田が一人で走っている。その周りは気持ち緑が多い。

 真波が風が来ると感じた時も周りは緑が多い印象。森の中を走っているような感じのコース。それでいて山道。日本中、いろんなところにこう言ったコースは存在していそう。

 坂道を登るのは大変だけれど、こうして緑の多い中を走るのは気持ちよさそうとも感じる場面。

 小野田が追いつき、トップへの追走劇が激化してきたと感じる一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話 核まで焼き尽くす!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ホーク中尉は逃れられるのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話を紹介します! [内容] #19 死なざる者の死 マスタングは急ぎ、ホークのところに向かい、ギリギリのところでグラトニーを阻止していた。 そしてバリーの肉体がどこに戻っていこうとしているのかを追跡。第三研究所を突き止めて、そこまでとしようとして

Comments


bottom of page