top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:リモートワークのイメージ


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 先日、テーマの区切りの飲み会があった。


 それが木曜日。


 お店の予約の都合上、21:00前には終了する。ところが二次会に向かうことになる。


 翌日、最終出社の派遣社員もいたので、最後くらいは思い、二次会にも顔を出した。


 翌日も仕事があるから一時間くらいでお開きになるものと予想していた。


 ところが、結構帰りの電車ギリギリまで続く。


 いろんな話が聞けたので、有意義な時間だった。(日頃お酒を飲まないため、やや眠気との戦いの部分もあったけれど…)


 気になったのは、遅くなることに迷いのない方々の発言。


「明日はリモートだから大丈夫」と言う。


 さて、これをどう解釈したら良いのか?


 通勤時間がない分、ゆっくり起きられると解釈したわけだけれど、翌日、チーム員とその話をしていたら、


「前の場所でも金曜日、月曜日をリモートにする人は多い。みんな、気分は休みなんですよ」と言う。

 

 リモートに対して出社する人から見たイメージはこう言うものなのかもしれない。(そう感じる人は全員ではないとは思うものの…)


 知らず知らずに不平不満が組織の中で芽生えていっていないかと、気になってしまった。


 チームを引っ張って行く立場の自分としては、こう言った声を親身になって受け止め、できることをしていきたいと思う。


 皆様のところではリモートワークはいいイメージで浸透していますか?


 それでは、また明日!



 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page