top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』被害者たちの思いを解き明かす物語

更新日:2023年4月26日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は上戸彩主演の国内ドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』について紹介します。


[あらすじ]

 未解決のまま時が流れている事件。その未解決事件の手がかりが出てきた時に、未解決事件特命捜査対策室が再調査に乗り出す。桜木泉は、特命に配属されて3ヶ月。捜査をさせてもらいたいと思いながら、日々資料の整理などをしていた。そんな中、銀行3億円強奪事件の容疑者と思われる人物の白骨遺体が見つかる。桜木はベテラン刑事とは別の切り口から事件解決の糸口を見つけていくのだった。

[感想]

 長期間未解決だった事件の手がかりが出てきて再捜査にあたる。毎回、違った未解決事件が再捜査されて、桜木の地道な調査で事件解決につなげていく、という展開。普通、そこに気づくか?という無理な発見からの解決ではなく、じっくりと観察することで気づいていく様子は勇気づけられるものがありました。またそれぞれの未解決事件の当事者たちの思いが、どれも心に響くものが多くて、解決後にどこか、悲しさが残る印象の作品でした。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 では、また次回!


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話) 決着はついた?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! どんな結末に? 今回は国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 欲望の果てに 海斗は罪を認めていた。さらに会長の罪の糾弾しようとしていたが、その場は逃れられてしまう。 そのあと、会長が倒れ、手術することに。大友が執刀医を担当する。会長を脅迫して、隠蔽に加担していたことを吐かせる。その録

Comments


bottom of page