top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

休暇を取る



こんにちは、Dancing Shigekoです!


新聞を読んでいたら、上司が載っていました。早速持っていかないと。


仕事といえば、有給は立派な権利。と言っているドラマを見た。どのドラマだったか、忘れてしまったのですが、休まず働くなんてのは間違っている、と言った感じのことも言っていた。


その言葉について、考えを巡らせてみる。


社会人になって、1年目は有給自体が少なく、消化しきれないということはなかった。


それが何年か経っていくと、取得できる有給そのものが増えていき、仕事もそれなりに責任のあるものに変わって行く。そして気づくと有給を取得しきれずに、消えゆくものがある。


そんな時に思う。


小学校、中学校などでは学校に行くのが当たり前で休むことはなかった。高校も含め、皆勤賞が続いていた。そんな生活が当たり前と思ってしまっているだけに、いざ、社会人になると、休めと言われても、その必要性を見出せなくない。


社会人には学生ほど、長い夏休みもなければ、春休みはそもそも存在しない。唯一、学生よりも多く休めるのは(メーカーに勤めている私の場合)、ゴールデンウィークくらいで、他は基本的に学生よりも短い。


ということは、学生と同じくらい(は言い過ぎとしても)休みを取る意識があったら、自然と有給取得が促進するのではないかと思いが巡る。


最初に、いつ取るっていう明確な計画を持って、そこに向けて仕事を片付け、時にはチーム員に仕事を任せるなどをしていくのが本来、ありたい姿なのだと思う。


そういう意味では、まだまだ私は学ばないといけない部分が多い。


ドラマの一言から、そんなことを考えたのでありました。


皆様はどうですか?


それでは、また明日!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page