top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『10の秘密』内容以外のところに目がいってしまう展開

更新日:2023年4月14日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は、向井理、仲間由紀恵主演 国内ドラマ『10の秘密』を紹介します!


[あらすじ]

 白河圭太は意見のすれ違いで由貴子と離婚して、娘の瞳と2人で暮らしていた。そんなある日のこと、瞳が何者かに誘拐される。そして犯人から連絡が入る。犯人の要望は、圭太の元妻 由貴子を探し出せというものだった。由貴子とは何年も連絡を取っていなく、全く連絡を取れる手がかりがないまま、犯人の指定する期限が迫っていた。

 期限当日に、由貴子から圭太に連絡が入るのだった。事情を説明すると、由貴子があとはなんとかすると言うのだった。

[感想]

 前半は結構、どんな秘密を抱えているのか、ドラマのタイトルの10の秘密とはどんなものなのだろうととても興味を引く展開。

 ところが、10も秘密が出てこなかったように感じること、向井理の表情があまりにぎこちなく、仲間由紀恵の喋り方は感情がこもっていなく、どうも見ていくにつれて、どうも完成度の方に目がいってしまい、内容が薄く感じてしまう展開が少し残念だった感じのドラマ。

 秘密がもっと衝撃的なものだったら、受ける印象が違ったかもしれない。


 皆さんの感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page