top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第15話 鳴子が魅せる!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 鳴子が箱学に追い付かせるのか?

 今回は アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第15話 を紹介します!

 前回感想→こちら


[内容]

#15 鳴子!真骨頂!

 鳴子はド派手にスプリントクライムを見せる。観客を魅了して、声援は一気に総北に傾いていく。その声を聞いて、ますます加速していく。今泉はそのスピードで走り続けたら、すぐに失速するという。一度、ダンシングをやめたら、もう走れないと言う。

 しかし、鳴子はその予想に反して、必殺技と言って、さらにスピードを上げていく。酸素不足で視界が見えなくなっても走り続ける。そしてついに箱学に追いつくのだった。


[感想]

 鳴子がド派手に走っていく一話。

<スプリンターでも>

・坂道で勝負

 箱学有利と思われる状況の中で、鳴子が飛び出す。そのきっかけを作ったのは田所。鳴子が目立つことが好きなのを知っていて、坂道で勝負ができるように言葉巧みにその気にさせた過去がある。

 その田所の期待に応えていく。

 隠し持っていた体力をその坂道で一気に見せる。誰もがスプリンターが坂道で勝負をするなんて思っていないから、鳴子が飛び出して、ただただ驚く。誰よりも今泉が驚き、そしてその走りをみて、すごいと素直に認める。

 そんな勝負を見せて、箱学に追いついてみせるのだから、総北の今後は楽しみである。

 

<派手にいく>

・ド派手好きは宇髄天元のよう

 観客とハイタッチしたり、カメラ目線で走ってみたり、とにかく派手好きな鳴子。その派手好きはまるで宇髄天元のよう。(ジャンルは違うけれど)

 とにかく観客を魅了する走りを見せる鳴子。その勢いは本物。坂道でスプリントのような走りを見せるのだから、それまでの練習は相当のものだったと思われる。

 鳴子の成長が面白い。

<クネクネ坂道>

・目が見えなくなっても

 酸素不足で視界が極度に狭くなってしまう鳴子。頼りは中央の白線。その白線だけでは、曲がりに来たときに気づけない。それで小野田に目になってほしいとお願いをする。それで小野田は次、50メートルくらい先、左。もうすぐ右と伝える。大きく左に曲がっているなど、それを聞きながら走っていく。

 視界が狭すぎて、かつ走る速さが速すぎると言うことで。

 そしてとうとう鳴子が離脱。小野田、今泉、鳴子の3人でゴールという構図を想像していたけれど、そうはならないみたい。


 この先、誰が抜け出るのか。東堂と巻島のバトルが始まり、小野田と真波の勝負がついに実現する予感がする一話だった。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第2話 誰のための仕事か?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 昇仙峡が動くか? 今回は国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第2話を紹介します! [内容] #2 銀行の裏切り!? 臨店班は白石珈琲の情報を漏洩しているとして赤坂支店に臨店に向かうことになった。白石珈琲が出店予定だった土地にライバルのオマールカフェが出店する事案が続いていると言う。その真相を調べるために、相馬と花咲は赤坂支店、白石珈琲、オマ

映画『カクテル』バーテンダーの生き様?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! トム・クルーズ作品に専念。 今回は映画『カクテル』を紹介します! [基本情報] 原題:Cocktail 監督:ロジャー・ドナルドソン 脚本:ヘイウッド・グールド 原作:ヘイウッド・グールド 製作:テッド・フィールド ロバート・W・コート 音楽:ピーター・ロビンソン 主題歌:ザ・ビーチ・ボーイズ『ココモ』 撮影:ディーン・セムラー 編集:ニール・トラ

ความคิดเห็น


bottom of page