top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画の日



こんにちは、Dancing Shigekoです!


今日から2月です!


ということは、今日は1日、映画で言えばファーストデイ・サービスの日です。


思い返すと私が高校生の頃は、まだ毎月1日が1000円ではなく、3ヶ月に1回が映画の日と銘打って1000円でした。そのため、なかなか映画の日に見にいくことができなかった。3ヶ月に1回の映画の日が土日とは限りませんでしたから。


それが気づけば、今では毎月1日が映画の日。だいぶ映画館に行きやすくなったと思います。


ちょっとずつ値上がりが進み、1000円ではなくなってしまいましたが、それでも通常料金に比べたらお得。


それでしばらくはファーストデイに映画に行くのが楽しみの生活。


ところが、レイトショーの存在に気付いて(あるいは映画の日の頃からあったのかもしれないですが)、社会人になったことも重なり、すっかりファーストデイ+100円でレイトショーに行くようになってしまいました。


困ったことにこういうお得な時間帯に行くことに慣れると、日中に行くことができなくなってくるものだから不思議です。(当たり前なのかもしれませんが)


そうやって値段を気にしていたのですが、今ではIMAXで見るのが当たり前になり、レイトショーで見てもいい値段。しかし、いつも思うのはIMAXで映画を見るのは至福の時であり、映画を存分に堪能できていると思える。これには価値があるって思うのです。


最近はIMAXを超える映像体験がどんなものなのか、そういうことに興味が行くようになってきました。


気づけば、コストではなく質優先になっていました。それだけ、映画が好きなのだなと、改めて思うのでした。


今日はファーストデイ。ふと自分の映画館との関わりの変遷を振り返ってみました。


皆様はどうですか。


それでは、また明日!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page