top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

考察:劇場版鬼滅の刃 無限列車編 煉獄さんがオニを倒す場面



こんにちは、Dancing Shigekoです!


今日懲りもせず、劇場版”鬼滅の刃 無限列車編”を劇場で観てきました。かれこれ9回目。


気になっている場面は、車掌が”切符を拝見します”と言って、次々と切符をカットして行った後。


一度、車両内の明かりが、パチンと落ちて、再び灯る。そして鬼が現れる。


現れたオニを煉獄さんが颯爽と倒す。


さらにもう一体手足の長いオニを煉獄さんが倒す。


この一連の場面が、私は夢だったのではないかとずっと感じている。


炭治郎らのイラストが、伊之助の夢の中のようなしょぼいイラストになって”煉獄の兄貴ぃ”って飛び回っている動きが、まず怪しい。


そして、今日、その場面は夢だと、確信。


なぜなら、一体目のオニを倒した時、煉獄さんは派手に車両の連結部分のドアを破壊していた。


ところが、次のシートで寝ている時の場面では、そのドアが直っている。直っているという表現が正しいのか、最初から壊れていなかったと考えるのが正しいか。


私は、最初から壊れていなかった、ということなのだと思っている。


エンムによって、四人とも同じ夢を見せられていただけなのだと、勝手に想像する。


実際のところは、分からないもの、あの場面は夢だったのだと、結論づけてみました。


皆様はどう思われますか。



それでは、また明日!

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『ザ・ロストシティ』ジャングルの奥へ!※ネタバレ

こんにちは、Dancing Shigekoです! サンドラ・ブロック主演作品を鑑賞してみる。 今回は映画『ザ・ロストシティ』を紹介します! [基本情報] 原題:The Lost City 監督:アーロン・ニー アダム・ニー 脚本:オーレン・ウジエル デイナ・フォックス アーロン・ニー アダム・ニー 原案:セス・ゴードン 製作:ライザ・チェイシン サンドラ・ブロック セス・ゴードン 製作総指揮:JJ

国内ドラマ『ウソ婚』第11話 ウソ婚、終結!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 終わりの時が近づいているのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第11話を紹介します! [内容] #11 狂い始めた2人の歯車…20年越しの想い 八重は匠に距離をとるようになっていた。匠は何が起きたのかを調べようと、訪問してきたと思われる西野に電話をすると、八重が結婚は嘘だということを伝えていたことを知らされる。匠は八重に無理をさせていたことに気づき、自

Comments


bottom of page