top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言(ツッコミ編):言葉で伝えられる範囲


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 内容を知るのはOKか、NGか。そんな疑問を持ったことがある。→独り言:内容知るのはOK派?NG派?


 自分はなるべく見るまでは内容を知らないでおきたいと思ってしまう方とつぶやいていた。


 それは今も変わらない。


 そう言いながら、自分の感想では内容を書いている。


 その内容を残しておいているのは、自分自身の記憶のためである部分もある。そのため、多少は詳しく残しておきたいと思っている部分もある。


 内容を残すときにどこまで書くのがいいのか。皆様に伝えたい思いもあるので、詳しすぎない方がいいと思うこともある。


 この相反する考え、どちらを優先しようと迷いが生じる。


 ところが、もっと根本的な問題に気づく。


 たまに自分の書いた内容を振り返っている。映画の感想も振り返っているのだけれど、2年近く時が経っていると、自分の書いた内容だけでは、映画の内容が思い出せないということに気づいた。


 言葉だけでは伝え切るのは難しいものなのだろうと感じる。


 映像がイメージできるような表現になっていないのだと感じる。


 では、どうするか。


 もっと映像を思い浮かべられるような描写を入れていくのが目指したいところだろうか。


 イラストを描けるのも憧れる。


 せめて、一つくらいは具体的な場面が思い浮かべられるような感想を残していこうと改めて思う。


 今年はピンポイントで詳細描写というのも挑戦してみようと一つ目標が出来上がっていくのだった。


 皆様は映像を描写する時、どんなことに気をつけていますか。


 それでは、また明日!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

コメント


bottom of page