top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:長期目標を考える


 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 青森の地震は大丈夫でしたか?

 さて、昨日に続き目標について考えてみる。

 長い目で考えた時、つまりはどんな人生を送りたいかを考えてみる。壮大な話になってきた。

 最上位の目標は「祭りのような存在になりたい」を意識している。この目標はだいぶ前に考え、ここに繋がっていくような長期目標を立てたいと考えている。

 この「祭りのような」とは、どんな思いか。

 それは小学生の頃に近所であった秋祭りの印象。三日間、市内を山車が回る。お囃子が至る所で聞こえる。山車とお囃子と、出店に市内総出で盛り上がる秋祭り。その三日間の期間中はとにかくウキウキワクワクが止まらない。学校の授業を受けている時間から、始まっている。そして、放課後。急いで家に帰り、町内の山車へと向かう。山車を引っ張る一員になって市内を回る。 

 時には、雰囲気を倒しむことを優先する。お囃子のリズムに合わせて軽快に踊る人たち、声を張り上げて盛り上げる人たち、いろんな人たちがいる。そこには前向きな思いが充満している。

 そういった三日間が終わり、翌日登校するときは、祭りの後であたりが静まりかえっているように感じる。所々、祭りの気配を残しながら、日常へ戻っていく。そして、思う。「楽しいお祭りだった、終わってしまって寂しいけれど、また来年が楽しみだ。楽しい時間をありがとう!」そう感じることができる。

 そして私自身もそういった人生を送りたい。自分の起こす行動が、何かしらのウキウキワクワクをもたらし、楽しさが続く。それが終わってしまった時に、寂しさを感じつつも、楽しかった、ありがとう。って感じさせる存在を目指したい、そんな人生を目指したいと思っている。

 ここには自分だけではなく、自分と関わった方々にそういった幸せエッセンスをもたらせられたら、そう思っている。具体的にどんな目標がここにつながっていくのか、次は一つ下の目標を持っていきたい。


 皆様はどんな目標をお持ちですか。


 それでは、また明日!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話 まごころ病院、経営危機?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 次はどんな患者がやってくるのか。 今回は国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話を紹介します! [内容] #3 とおるがホストに!?予約殺到の美容クリニック開業!! まごころ病院は経理の白木の要望が通って日曜日休診、月曜日は救急のみの週休2日になった。月曜日に美容クリニックを始めると、売り上げは伸びていく。ところが、救急で搬送されてきた韓国人が美容関連の注

Kommentare


bottom of page