top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:運動会撮影を経験して


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 アントニオ猪木さん、円楽さんと亡くなった。自分の知っている方が亡くなると時が経ったのを感じずにはいられない。ご冥福をお祈り致します。


 さて、子供の運動会を観戦してきた。


 先日、奮発して購入したビデオカメラで光学20倍を駆使して、なるべくアップで子供を撮影。


 娘の方の撮影は比較的順調。


 今回、小学校の息子の方は、学年競技の時に失敗感。


 ソーラン節を披露してくれていた。どのあたりに来るのかは事前にアナウンスがあったので、そこに近い場所に陣取る。


 ところが、場所が悪く、息子の真前に別の子供が演技をしている。完全に重なってしまう。

 自由に動いて場所を変えたら良かったのだけれど、立ち上がりづらく。カメラを持った手で立ち上がるとそれだけで大きくぶれそうだったので立ち上がれず。


 結局、その場で取り続ける結果に。


 来年は組体操が待機している。


 今年の反省を活かして、上手に取ってあげたい。


 そのためには、移動しやすい場所を確保する。

 周りに座っている人などの場所を把握しておく。

 手ぶらで立ち上がれるように三脚を用意する。

 子供から具体的な場所を聞き出しておく。


 などを対策とっていこうか、と思う経験だった。


 来年まで覚えていないといけない、ことが一番の課題かもしれないが。。


 皆様のところでは運動会は実施されていますか。


 それでは、また明日!


 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page