top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:親切のつもりだったけれど軽率だったかな


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 ロッテ 佐々木朗希投手が十三連続奪三振の新記録と28年ぶりの完全試合のダブルの快挙を達成。野球ニュースが賑やかになってきた。今年は観客も入り、盛り上がっている感じ。


 今日、買い物に出かけるために散歩していた時の出来事。


 向こうからやってきた車の運転手が声をかけてくる。


「〇〇はどこですか?」と質問。


〇〇は質問を受けた場所から道路一本南側に行ったところ一体の地名。


「少し行ったところを右折したら、〇〇です」


と答える。しかし、ふとその一体に行きたいわけではないのだろうな、と思って


「〇〇のどちらに行きたいのですか?」と逆質問をしてみる。


すると


「▲▲ビル」だと言う。


 そのビル自体は分からなかったので、Google Mapで調べてみると、大体の場所は見当がついたので、行き方を説明。なるべく単純な行き方を説明するものの、どうも年配の方で、やや不安そうな表情を見せる。


 それで、「案内しましょうか?」と言って車に乗り込んで案内。


 無事、目的についたものの、


 その方は「申し訳ないので、送って行きます」と言い出す。


 いやいや、せっかくここまできて送ってもらうっておかしいから?と思いながら、


「歩くのが好きなので大丈夫ですよ」と言って、その場で降りる。


 もう一度行き方を伝えたつもりでいたのに、私を下ろすとその方は、なぜか逆方向へと行ってしまう。


 その不可解な動きを見て、案内するなんて言ったのは軽率だったかなと反省。


 多分目的地に行ったのだろうとは思うものの、いろんな想像が過ぎり始める。果たして本当にその場所に行きたかったのか?と。。


 困っている方の人助けをした、と思いたいところだけれど、どこか気持ち悪さが残った。そして、案内するにしても乗り込むのはやめようって思った。


 道案内、口頭で伝えるのみにしておくのが良いような気がした。


 皆様はどう思われますか?


 それでは、また明日!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

댓글


bottom of page