top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:変えていくのは個の力


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 桜かなと思ったら梅が咲いていた。今年の開花は遅めなのかな?


 国内ドラマ『春になったら』を見ているからか、自分の親の年齢を考えてか、最近、今をもっともっと、これまで以上に大事に使わないと、と感じている。


 そう考えると、仕事の効率も可能な限り上げていって、少しでも自分の時間を増やしていきたいと感じている。


 効率を上げるだけではなく、なくせるものは無くしたい。


 と考えた時に、変えていくのは現場なのだろうと思っている。


 上の人たちが何かをしてくれる、と思ったら大間違い。


 自分から声をあげて、変えていかないといけないのだと思っている。


 日々、今の状況でなくせるもの、減らせるもの、変えられるものを探している。


 もっとこういった議論を積極的にしていきたいものである。


 まずは自分から発信していくことから始めよう。


 明日も何か発見を!


 皆様はどうお過ごしですか?


 それでは、また明日!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page