top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:会社の近くに住む





 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 日が暗くなるのが早くなったように感じます。帰りが遅くなっただけかもしれません。


 さて、会社を出てお馴染みの景色を見ながら駅に向かう。


 会社の近くには大きなマンションが数棟ある。


 傍を通り過ぎるマンションは十数階建で各フロア20部屋はありそう。そこだけで1000人近く住んでいそう。一つの町。


 そのような規模のマンションが会社の反対側にもある。


 その中のどこかには会社の方も住んでいる。


 歩いて数分のところに住んでいると言う方も多い。


 以前なら、仕事が終わった後まで、会社を見るのは気が休まらない、と思っていた。


 今も基本は同じではあるのだけど、一方で通勤時間を考えると会社の近くに住んでいるのと、私みたいに離れているのとでは、仕事の後の生活がだいぶ違うと感じる。


 帰るのにかかる時間が数十分違えば、一つや二つやりたいと思っていることができるように思う。往復の時間差で考えたら、さらに倍。


 そんな風に考えると、会社の近くの方が良いのかも、と感じる瞬間も増える。


 それでも移動時間にできることも多く、逆に移動すると言う限られた空間にいるからこそ、読書が捗るなどのメリットも多い。


 結局のところ、最後に大事になるのは、いかにその住んでいる周りの環境に満足できるか、と言いたいところ。しかし、それも違うように感じる。慣れてしまえば、案外どこでも快適だと思う。


 住めば都と言うけれど、どこに住んでいたとしても、気にいるものなのだろうと、最終的には思う。


 かく言う私も今の家が自分の落ち着く場所になっている。


 皆様はどう思いますか?


 それでは、また明日!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話 核研究者を守れ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! レスターはそろそろ離脱か? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話を紹介します! [内容] #7 シミタール エリザベスはトムを監禁していた。そしてベルリンへの手がかりを聞き出す。イヴァン・ヴァルコフの名前を聞き出し、レディントンに共有。 レディントンからはイランの核兵器研究者の暗殺事件がきっかけでシミター

Comments


bottom of page