top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:クラクションを鳴らしても…


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 帰り道、車がクラクションを鳴らしている。


 どうやら道路を横切った自転車がいたみたい。


 その様子を見ていて、ふと思う。


 「クラクションを鳴らすことで何か変わるのだろうか?」


 何もクラクションを鳴らすことを否定しているわけではない。


 見かけた時の自転車が、あまりにも飄々としていたものだから、クラクションを鳴らしても、その自転車の人には何も影響しなかったのだと感じた。


 そもそもクラクションの目的ってなんだったのだろう?と思い始める。


 危険を察知して、その回避?


 そうだとすると、自転車が横切って、結果的に反対側まで行ってしまっているのであったら、危険は回避できなかったことにならないか。


 渡れたのだから、危険ではなかったのではないか?とも考えられる。


 では、そのクラクションは目的を達成できたのか?


 危険回避、最終的な大惨事になっていないことを考えたら、クラクションは役だった。


 しかし、クラクションを鳴らさなくても、きっと大惨事になっていなかった?と思うと、


 鳴らした結果もたらされたのは、周囲への威嚇?驚きだけだったのではないかと?


 そして思う、クラクションは何のために鳴らすのか?


 その出来事を眺めて自分が出した答えは・・・


 「信号を見落としているであろう人が前方に止まっている時に、ささやかな声がけのつもり?」だろうか。


 それすらも鳴らさなくても、少しの我慢で全てはうまく回る、と思ったらいらないことなのかも。


 何のためにクラクションはあるのか?


 皆様はどう思われますか?


 それでは、また明日!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『ザ・ロストシティ』ジャングルの奥へ!※ネタバレ

こんにちは、Dancing Shigekoです! サンドラ・ブロック主演作品を鑑賞してみる。 今回は映画『ザ・ロストシティ』を紹介します! [基本情報] 原題:The Lost City 監督:アーロン・ニー アダム・ニー 脚本:オーレン・ウジエル デイナ・フォックス アーロン・ニー アダム・ニー 原案:セス・ゴードン 製作:ライザ・チェイシン サンドラ・ブロック セス・ゴードン 製作総指揮:JJ

国内ドラマ『ウソ婚』第11話 ウソ婚、終結!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 終わりの時が近づいているのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第11話を紹介します! [内容] #11 狂い始めた2人の歯車…20年越しの想い 八重は匠に距離をとるようになっていた。匠は何が起きたのかを調べようと、訪問してきたと思われる西野に電話をすると、八重が結婚は嘘だということを伝えていたことを知らされる。匠は八重に無理をさせていたことに気づき、自

Comments


bottom of page