top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

独り言:いつの日か空想の世界を作り出すために


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 停戦交渉はどうなるのだろう。


 小説を読み進めていると、いつもその世界観に感動する。読み終わった後に残る新たな世界。その感覚が好きで次々と本を手に取っている。


 映画も同じように見終わったら、一つの世界が自分の中で新しく出来上がっている。


 どちらも、その影響力は大きい。


 そして思う。


 自分もそういった世界を提供してみたいと。


 いきなり映画を作るはとてもハードルが高そう。


 まずは文章から、と考えてしまう。(ビデオカメラを必要としないという意味で、障壁がやや低い)


 と言っても、すぐに書き出せる訳ではない。


 そんな思いでずっと止まっていることにもそろそろ終止符を打ちたいと感じている。次なるステップに進むようにしたい。


 こう考えたときに、最初にできることは、ネタを溜め込んでいくこと、いろんな表現を溜め込んでいくことだと考えた。


 せっかくなら、ここでいろんな表現を書き出していくようにしてみようかと考えている。何かお題を決めて、言葉を書き出していくのを残していこうと思う。


 週末の時間のある時に挑戦してみようと思う。


 皆様、お楽しみに!


 それでは、また明日!


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Commentaires


bottom of page