top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

漫画『3月のライオン』桐山零が悩みながら進んでいく

更新日:2021年10月3日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 この時期にもプロ野球のシーズンが続いていると月日の感覚がおかしくなってきますね。明日で10月が終わりとは、驚きですね。


 さて、今日は漫画『3月のライオン』を紹介します!


[あらすじ]

 桐山零は17歳のプロ棋士。高校にはたまにしか行かず、家で将棋の研究をする日々を送っていた。近所の三姉妹あかり、ひな、ももの家に呼ばれて、一緒に食事をするなどの生活。対局は順調に勝ち進んでいたが、順位戦C級1組で連敗をして、迷いが生じ始める。悩みながら将棋の道を進んでいくのだった。


[感想]

 読んでいたのが、だいぶ前でしかも5巻までで止まっているため、だいぶ停滞。

囲碁漫画と言えば、”ヒカルの碁”。その対抗馬と勝手に想像して将棋漫画として期待。ところが、ヒカルの碁のように対局内容を全面に出す展開ではなく、どちらかと言うと桐山零の内面、彼を取り巻く環境が中心。実際の棋士がこう言った悩みを抱えているのだろうかって感じる。

 亡き村山聖九段を思わせる棋士が出てきて、もしかして羽生九段のような棋士も出てくるのかなと期待も湧いてくる作品。

だいぶ時間が経ってしまったけれど、また少しずつ続きを読んでいきたいと思える漫画です。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Commenti


bottom of page