top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン3』第6話 十人十色のトラブル

 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 

 まずはケリーの復活できるか?


 今回は海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン3』第6話を紹介します!

[内容]

#6 危険な駆け引き

 マシューは姉クリスティが不当に離婚することになりそうなのをなんとかしようとしていた。ジムが契約書を持ってきて対抗してくるためニューハウスにお願いして離婚に詳しい弁護士バンクヘッドを紹介してもらう。この勝負は勝てると弁護士に言われたもののクリスティは乗り気になれず。マシューは次にジムの恋人の過去を探って欲しいとお願いして弱みを握るのだった。

 ケリーはラスベガスに行く準備をしていた。クラップスの台を作ってみんなと練習をしている。そしてシフト後のラスベガスへと出発する用意をしている。

 シルビーはベランダから落ちそうになっていた子供アーチーを病院に連れて行った時に、虐待の可能性があるとして、母親と引き裂かれるのを目撃。そのことが気になっていて、なんとか手助けしたいと考えるが、ケリーが止めに入る。しかしシルビーはケリーに頼み込んで一緒に虐待がなかったことを示すように働きかけていた。

 ドーソンはハーマンの下について訓練を始める。現場でなかなか手を動かせず、署に戻っては消防学校と同じ訓練をさせられて、イラついていた。ハーマンに直談判して現場で作業をさせてもらえるようになるのだった。

 ニューハウスは怪しい仕事をしてお金を稼いでいた。彼の家に何者かがやってきて暴行を加えていくのだった。


[感想]

 ニューメンバーに波乱が訪れる1話。

・シルビーの決断

 せっかく助けた子供が母親と引き裂かれる。母親が三年前に虐待していたと言う事実が発覚して、また虐待した結果、ベランダから落ちそうになったのだと判断されている。そうと知らずに病院に連れて行ったことを悔やんでいる感じのシルビー。

 母親が子供は怪我がないのだから病院に連れて行かなくても良いでしょ、と再三ケリーに聞いていた理由がその場面で理解。てっきり救急車に乗せて病院に連れていく行為がお金がかかるから嫌がっていると言うことなのかと思ったけれど、虐待の過去を持ち出されるのが嫌だったと理解。みんな触れられたくないものがあるもの。

 そしてシルビーはその母親を助けたいと思う。ケリーは事故後の家族と関わるのは危険でいいことがないと言う。シェイが過去に助けた人が目の前で自殺したという事件があったことを持ち出す。それでもシルビーは助けたいという。ケリーも仕方なく協力。母親が虐待をしていないことを確認して、さらに書類処理が遅い当局の担当者のところにけしかけて、すぐに処理をさせる働きかけ。

 シルビーはこのシーズンからの参戦で、比較的各エピソードで存在感を出している。彼女はこのままレギュラーになっていくのか。

・ニューハウスの動き

 シルビー同様、まだ新しく加わって間もないニューハウス。クラークの代わりに入ってきてからだから、シルビーよりは少し前にだけれど、まだ一シーズンまるまるはいない彼。

 消防士以外にも仕事をしている。人探しや探偵っぽいことが得意。今回はケリーに頼まれて、離婚に強い弁護士を紹介してくれたり、ジムの恋人の経歴を調べたりする。どうしてアラバマ警察署から情報をもらおうと思ったのか、その辺りの情報網の強さが滲み出る。

 さらにミルズとはどこか離れのところに出掛けて行って、家に侵入する。ミルズにあたりの見張りをさせるだけという仕事で、ニューハウスが犬を連れ出してくる。その犬を高級車に乗った女性に渡している。そんな仕事。その報酬をミルズに渡している。それを見たマウチとオーチスが自分たちも一緒に仕事をしたいと申し出ている。犬を連れ出すときに発砲されていたのが危ないと感じたけれど。

 危ない橋を渡っている感じがあると思ったら、案の定、家に帰ったニューハウスが車に忘れた携帯電話を取りに家を出た時に何者かに襲われる。お前の居場所はわかったからな、と言って去っていくその男。この先、しばらくトラブルの元になりそうな気配。

 ニューハウス、色々とやっているけれど、果たしてどうなるだろうか。


・わがままドーソン

 消防士になったドーソン。もっとしごいてほしいとハーマンにお願いして、ハーマンと行動を一緒にするようになる。するとハーマンが次々と訓練のネタを出してくる。それをこなしていくドーソン。しかしどこか子供扱いされていると感じて、早くもマシューに愚痴を言いにいく。ちょっとね、しごいて欲しいと言ったのだったら、文句言わずにやったらいいのに。その辺り、ドーソンがかなりわがままだと感じてしまう。

 ハーマンが、いかに新人を死なせないようにするか、それが自分の指導だと言う。その言葉にハーマンが命を落とすのではないか、と言う不安を感じた。何か先のことを暗示しているように思えた。ドーソンを守るために。そんな嫌な予感がある場面だった。

・姉のために動くマシュー

 契約書に基づいて家の処分や財産分与を決めているとジムが書類を突き出してくる。それに対抗しようとマシューが弁護士を見つけてきたり、ジムの愛人の情報を調べたりする。そしてジムを脅す。そんなことをしてまでしてクリスティと姪のバイオレットを助けようとしている。姉思いだとは思うけれど、若干強引すぎるように感じて、いつか逆襲に遭いそうなのが怖い。敵を作りやすい感じがしてしまう。


・ベガスへ向かうケリー

 ラスベガスへ行こう、と言っていたケリー。消防署の待機場所に賭博場を作っている。そこで練習をしている。実際に賭けをしているのかわからないけれど、キャップなど部下と勝負をしている。てっきり、ケリーはこれで満足したのかと思ったら、その後、本当にベガスに行っている。そしてそこで女性と知り合っている。この出会いがきっかけでシェイのことが吹き飛ぶのかもしれない。そう考えると、勢いでラスベガスへ行ったことは正解だったのかもしれない。

 ケリーはいい方向に行きそうでよかった。

 みんないろんなことがありすぎて、いつも忙しいと思う一話だった。

 前回感想→こちら

 皆様の感想もぜひお聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第46話 皆準備オーライ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 皆集結するのか? 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第46話を紹介します! [内容] #46 迫る影 リゼンブールの羊祭りの日に、ウィンリーは家に戻ってきていた。すると、そこにはエドがいた。約束の日に備えて準備していたという。アルが駅まで来ていると聞くけれど、会いには行かずにエドは次の地へと向かう。 東方司令部では

映画『ウォール・ストリート』証券マンの感覚は難しい!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 先日観た映画『ウォール街』のリメイク!? 今回は映画『ウォール・ストリート』を紹介します! [基本情報] 原題:Wall Street:Money Never Sleeps 監督:オリバー・ストーン 脚本:スタンリー・ワイザー オリバー・ストーン スティーヴン・シフ アラン・ローブ 製作:エドワード・R・プレスマン エリック・コペロフ 製作総指揮:

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第14話 レディントン救出作戦?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! エリザベスは思い出すのか? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第14話を紹介します! [内容] #14 T・アール・キング6世 レディントンがブラックリストに乗るような女性マデリーンがアール・キングに連れ去られたと情報を伝えに来る。エリザベスはその捜索を進めることにするがレディントンも独自に調査。するとキング

Comments


bottom of page