top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

書籍『55歳からやりたいことを全部やる!時間術』自分時間を確保!


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 まだ少し先の年齢だけれど読んでみた。


 今回は書籍『55歳からやりたいことを全部やる!時間術』を紹介します!


[基本情報]

 著者:臼井由妃

 出版社:日経ビジネス人文庫

 出版年:2023年

 ページ数:254ページ


[内容]

 60歳で5時間、70歳で3時間仕事で済ませられるように自分時間を増やしていくことを紹介する。


[感想]

 自分の時間に向き合うことを考えさせる一冊。

・歳の分だけやりたいことリスト

 55歳なら55個、60歳なら60個、やりたいことリストを書き出してみる。というのが、著者の提案。100個やりたいことリストを書き出しておくのとどっちがいいのだろうか。細分化して、常に3個ずつくらいやりたいことを持っておくことがいいのかもしれない、というのが自分なりの結論。


・先を見据えた生活

 10年後にどうなっていたいか、という絵を描いておくこと。仕事を辞めている時が必ずやってくるわけで、その時にどうなっていたいのかを明確に持っておく。そこを想定しておくと、今何をしておくのがいいのか。少しずつ副業をして、稼ぎの柱を作り始めるなども考えとして大事なこと。


・自分のための時間

 仕事にしてもプライベートにしても、誰からのために時間を使うのではなく、自分のための時間と思って時間を使う。自分の時間を大切に使おうと思ったら、今自分のやっていることにも自分なりに意義を見出して、頑張っている自分を労うことも大切、という感じ。自分を励ませるようにすることが大切かなと思った。


 自分の時間を見つめ直そうと思う一冊だった。


 読了日:2024年5月8日


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page