top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

書籍『自宅ではじめるひとりビジネス』目次紹介



 こんにちは、Dancing Shigekoです!

 ACLで名古屋が敗れ、日本勢がベスト8で姿を消した。W杯最終予選では2連敗するなど、アジア各国のレベルが上がってきているのか、日本のレベルが落ちてきているのか。実力が拮抗してきているのは明らか。ライバルを破っていく強さを期待したい。


 さて、今回は書籍『自宅ではじめるひとりビジネス』の目次を紹介します!


[基本情報]

 著者:三宅哲之

 出版社:ナツメ社

 出版年:2020年

 ページ数:255ページ


[目次]

第1章 ひとりビジネスを始める前に、まず「キモチ」をリセット

 1 「会社が嫌」始まりは誰だってネガティブなものです!

 2 自分の人生を会社任せにしていませんか?

 3 だからといって、いきなり会社を辞めてはいけない

 4 副業ではなく「複業」、主役はあくまでも自分というシゴトをしよう

 5 好きなことがビジネスになれば見える世界が広がります

 6 必要なのは「自分でシゴトをつくる技術」

 7 これをやると失敗する!ありがちな8つの傾向

第2章 どんなシゴトがつくれるの?「人生の振り返り」から見つけ出そう

 1 「何ができるか」の前に「どうありたいか」を考えよう

 2 これまで歩んできた人生の「根っこ」を見つける!

 3 大事なのはHOW TOじゃない!人生に置いて大切なものは何か

 4 自分のリソースを洗い出してダイヤモンドの原石を見つけよう

 5 シゴトづくりのねたは意外なところに眠っている

 6 「会社員+複業の時間管理」まずやろう!時間の棚卸し

第3章 「誰に」「何を」「どうやって」の三つから売れる商品やサービスを考えよう

 1 何を売るかの前に「誰」に買ってもらうかを考える

 2 お客様に「何を」売るのか考えよう

 3 「そんなことがシゴトになるの?」と言われたらチャンス

 4 商品・サービスを具体化するためにトライしたい発想法

 5 商品やサービスを「どうやって」売るのか考えよう

 6 理屈だけでは買わない!心を動かす感情物語づくり

 7 お客様から「選ばれる理由」をつくるためにやるべきことは?

 8 「シゴトがまわる設計図」をつくってみよう


第4章 売り込むのは商品より「あなた自身」

 1 ひと目見てわかるキャッチフレーズをつくろう

 2 「〇〇と言えば自分」の看板づくり~狭い範囲で第一人者になろう

 3 お客様から選んでもらう「物語プロフィール」をつくる

 4 個人で仕事をするときの名刺のつくり方

 5 自己紹介はアピールしすぎず自然体が一番


第5章 お金をかけなくてもできる!お客様を集めるためのこんな工夫

 1 どんなにいい商品やサービスも「知ってもらってなんぼ」

 2 ホームページをつくったら訪れてもらうための仕掛けが必要

 3 お客様に情報を伝えるために知っておきたいポイント

 4 ネットも「つながり」が大切!人の幅を広げていこう

 5 ベースになるのは今つながりのあるリアルな人たち

 コラム 人脈ではない本物の人とのつながり~信頼し合える仲間をつくる


第6章 「動く」「試す」「たのしむ」この三つの精神を忘れなければ大丈夫!

 1 すべての答えはお客様にあり!だからこそまずは「動く」

 2 うまくいかなくても仕切り直せばOK!とにかく「試す」

 3 やりたいことにスイッチを入れて「たのしむ」

 4 知っているをできるに変える「型の反復」

第7章 複業で自信ができたら脱サラリーマン!独立起業で見える景色

 1 複業を起業へ変える2つの分岐点

 2 お金?気持ち?あなたの不安の正体をあばく

 3 「会社なし」「事務所なし」「雇用なし」の三なしで思い込みを外す

 4 独立起業を目指すなら考えたい最初の1年の収支計画

 5 家族の理解を得るにはちゃんと向き合って話す

 6 起業を成就する心のあり方を知っておこう


[全体感想]

 起業するまでの行動を紹介する一冊。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page