top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

書籍『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』目次紹介


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 大谷選手が今季残り試合は打者として専念することになった。103年ぶりの投手打者の二桁二桁は来年以降にお預け。来年の楽しみができたと考えておこう。今日は盗塁を決めてバリー・ボンズ以来の大リーグ史上六人目の25盗塁、45本塁打を達成。こちらでも楽しみがある。本塁打王に近づけるか、期待は続く。


 さて、今回は書籍『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』の目次を紹介します!


[基本情報]

 著者:福田和也

 出版社:PHP研究所

 出版年:2001年

 ページ数:229ページ


[目次]

序ーひと月百冊を読み、三百枚を書く

 ひと月に最低百冊は目を通す

 ひと月に四百字詰め二百八十枚から三百枚を執筆

 一日八時間睡眠、社交も大好き

 自分なりの「スタイル」

 模索の中からつくり上げた方法論


第1部 どう読むか

第1章 本の「効率的」な読み方

 1 本を読むときに大切な「こころ構え」

 2 より「効率的」に読む方法

 3 「役立つ」本の選び方

 4 信用できる「評者」の見つけ方

 5 「立ち読み」のすすめ

 6 本の「あたり」のつけ方

 7 お気に入りの書店を見つける

 8 古書店とのつきあい方

 9 丁寧に扱い、あとは気軽に

 10 「読む」とは何か


第2章 「抜書き」の多様なメリット

 11 ページを「折る」

 12 抜書きの大きな効用

 13 筆記具に凝る効用

 14 抜書きの「愉しみ」

 15 翻訳書は原語を抜書きする

 16 難しい本の読み方

 17 分からない言葉を抜書きする

 18 増えてしまった本の整理方法


第3章 本以外の情報の集め方

 19 「必要」と「どこ」

 20 構想を早く明確にするために

 21 「書くコツ」の身につけ方

 22 「自分」の筆力を知る

 23 何が「必要」かを常に考える

 24 テレビに情報価値はない

 25 新聞は朝日、産経、ヘラトリ

 26 中西輝政先生の情報収集術

 27 自分の「情報戦略」の見直し

 28 朝日、産経、ヘラトリをとる理由

 29 新聞、雑誌のスクラップ方法

 30 インターネットの使い方


第2部 どう書くか

第4章 情報整理から表現へ

 31 取材では「考えたこと」をメモする

 32 自作と取材の相関を考え抜く

 33 能動的にライブな瞬間に臨む

 34 なぜ現地取材が必要か

 35 情報を表現に変える

 36 「理想」と「写生」

 37 「写生」のために現場へ行く

 38 遊ぶから書ける

 39 サロンと会話と情報

 40 仲間たちとの対話の効用

 41 対話相手を意識の中にもつ

 42 一冊の手帳に集約


第5章 文章上達の「近道」とは

 43 必要なのは技術よりも認識

 44 「コピー」で構造をつかむ

 45 「絶対に真似できないもの」が一流の条件

 46 段落ごとにブロックを分ける

 47 保田與重郎、小林秀雄、江藤淳の技術

 48 「提示」と「進行」で構造をつかむ

 49 何人かを分析すると意識が深まる

 50 目的を十分に見定める

 51 途中で書けなくなってしまった時

 52 散歩で発想

 53 何を書いたらいいのか分からない場合

 54 「スランプ」の管理の仕方

 55 一応、机に座っていること


第6章 より幅広く書くために

 56 ジャンルの幅を効率よく広げるには

 57 投資してガイドを探す

 58 旅行の効用

 59 役に立つ欧米のガイド

 60 地方出版の面白さ

 61 骨董で関心領域が広がる

 62 プロとアマチュアの違い

 63 「真似できないもの」の身につけ方

 64 年代別時間の使い方のコツ


[全体感想]

 たくさん読み、たくさん書く。そういった生活を送る著者のスタンスが紹介されている。

 

 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話) お似合いカップル!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 八重の思いは匠に届くのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第12話(最終話)を紹介します! [内容] #12(最終話) 叶えたいホントの愛 匠は健斗から、八重と結婚することを聞かされる。そして、結婚式当日、それまでずっとウジウジしていた匠は、進藤、健斗、西野の言葉から勇気づけられて、結婚式に乗り込んで行って、八重に「お前は生まれつきお姫様なんだよ」と言

Comments


bottom of page