top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『マイティ・ソー』真の王になるための試練

更新日:2023年1月22日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 二週連続でバッティングセンターに行ってきました。今回は68km/hと80km/hの2種類を挑戦してきました。


 さて、今日は映画映画『マイティ・ソー』を紹介します!


[内容]

 アスガルドの王子ソーはあまりの傲慢、向こう見ずさに王であり父のオーディンに力を封印され、地球に追放される。アズガルドでは義弟のロキが王座を狙って不穏な動きをしていた。地球に追放されたソーはハンマーを取り返そうと墜落地点に行ったものの抜き出す事が出来ず。さらに投獄中にロキが現れ、ソーの事で心を患った王はそのまま亡くなったと聞かされ失意のソー。しかし腹心たちが助けに来て真相を聞いたソーは父を助けにアスガルドに戻りロキを阻止するのであった。


[感想]

 ソーに興味を持ったジェーン役がナタリー・ポートマンだと言うのが興味深い。こんなにメジャーな女優がやや冴えない科学者役なのだから。ソーの心を射止めたという意味では冴えないことはないのだけれど。

 ソーがハンマーを奪い返そうとクレーターのところに侵入した時に、ソーに狙いをつけていたのがファルコンもちょい役で出てきていたり、シールドが登場したりと、今回もつながりを感じさせる展開。地球に降り立ったガードマンを見たシールドのメンバーがスタークスのおもちゃかと言っているあたりにもしっかりこの世界にアイアンマンが存在していることも示していて面白い。

 ソーはいつ見てもブラッド・ピットって思ってしまうけれど違う俳優さん。そして最初はかなり向こう見ずな性格だったというのが新たな発見。アベンジャーズで登場していた時はそんなに言うことを聞かないような性格には見えなかっただけに。もちろん最終的にその温厚と言うか周りを思いやる心を身につけて力を取り戻すのだけれど。

 あの腹心四人組のそれぞれの個性も見応え十分。

 自分の行動に責任を感じ、ロキまでも苦しめていたと謝るほどの性格に変貌したソーの柔軟さというか、その寛大さに感動。

 結構、展開はシンプルなだけに見ていてすっきり爽快感がある作品でした。


 鑑賞日:16年7月9日


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『ザ・ロストシティ』ジャングルの奥へ!※ネタバレ

こんにちは、Dancing Shigekoです! サンドラ・ブロック主演作品を鑑賞してみる。 今回は映画『ザ・ロストシティ』を紹介します! [基本情報] 原題:The Lost City 監督:アーロン・ニー アダム・ニー 脚本:オーレン・ウジエル デイナ・フォックス アーロン・ニー アダム・ニー 原案:セス・ゴードン 製作:ライザ・チェイシン サンドラ・ブロック セス・ゴードン 製作総指揮:JJ

国内ドラマ『ウソ婚』第11話 ウソ婚、終結!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 終わりの時が近づいているのか? 今回は国内ドラマ『ウソ婚』第11話を紹介します! [内容] #11 狂い始めた2人の歯車…20年越しの想い 八重は匠に距離をとるようになっていた。匠は何が起きたのかを調べようと、訪問してきたと思われる西野に電話をすると、八重が結婚は嘘だということを伝えていたことを知らされる。匠は八重に無理をさせていたことに気づき、自

Comments


bottom of page