top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『バッド・ルーテナント』米国の警察事情の縮図なのかもしれない

更新日:2022年4月6日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は、ニコラス・ケイジが悪徳警官を演じる映画『バッド・ルーテナント』を紹介します!


[あらすじ]

 テレンスはハリケーンによる浸水で水没しかかっていた拘置所の囚人を助ける。その功績が認められて警部補に昇格する。しかし、囚人を助ける際に背中を痛め、後遺症でスムーズに歩けなくなってしまう。

 それから月日が流れ、セネガルからの不法移民一家が殺害される事件が起きた。その指揮をテレンスが執ることになった。彼は違法ギリギリの行為を重ねながら、捜査を進めていく。時には相手からくすねたドラッグを自分のものにしたり、自分の女に手を出した男に暴行を加えたりする。そう言った行き過ぎた行為でマフィアを敵に回し、さらに悪行を重ねていくのだった。


[感想]

 警部補というのが、どのくらい世の中で力を持っているのか。あまり警察の階級には詳しくないけれど、この作品ではテレンスがやりたい放題。すべての権力は自分の手の中にある、と言っているようにさえ感じられる展開。警部補だからなのか、それとも警察官だからなのか。

 悪いことをする方が悪い、そんな思想が感じられるこの作品。この思想は、もしかしたらアメリカにおける警察官の考え方の縮図なのかもしれないと、ミネアポリスでの事件が起きた後に振り返ると感じてしまう。


 鑑賞日:20年2月22日


 皆さんの感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第2話 浦島太郎になった海斗!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 海斗の意識は戻るのか。 今回は国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第2話を紹介します! [内容] #2 大切なものを全て、奪われた 海斗は目が覚めると、医者からはもう退院して大丈夫と言われる。それで退院して外へ出ていくが自分がどこにいるか分からない。通りかかったトラックの運転手にお願いして東京まで戻っていくが、会社は辞めたことになっていて、

アニメ『SPYxFAMILY(スパイファミリー)』第15話 ボンド参上!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ロイドと爆弾犬との結末は? 今回はアニメ『SPYxFAMILY(スパイファミリー)』第15話を紹介します! [内容] #15 新しい家族 テロの危機は去った。そして犬も回収された。アーニャの連れている犬も回収されそうになっていたがアーニャが駄々をこねたためにフォージャー家で監視することが許可される。 そしてアーニャと犬との生活が始まる。まずは名前を

Comments


bottom of page