top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『セルフレス/覚醒した記憶』問う生きているとは?

更新日:2022年5月31日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は在宅勤務で、早めに仕事を切り上げました。こんな日は、映画を一本鑑賞したいですね。


 今日は、デッドプールで一躍有名になったライアン・レイノルズ主演映画『セルフレス/覚醒した記憶』を紹介します!


[あらすじ]

 ダミアンは建築家として巨万の富を手に入れていた。その彼に末期癌の宣告がされる。余命数ヶ月の彼の前にオルブライトが現れる。オルブライトはダミアンに脱皮という技術を使えば、頭脳を新しい体に転送することができると言う。ダミアンはその提案を受け入れて、若い体を手に入れ、新たな生活を始める。新生活が徐々に馴染み始めていた頃、ダミアンは、奇妙な夢を見るようになる。その夢はあたかも自分が過去に経験したことのあるように思えるものだった。ダミアンはそれが実際にあったことなのかを確かめるために、夢で見た場所に訪れる。そこでダミアンのことをマークと呼ぶ女性に会うのだった。


[感想]

 自分の頭脳を他の体に移す。ある意味では不死を実現している世界の作品。しかし、良い話には決まって都合の悪いことが隠れている。この作品では、頭脳を移植した体の持ち主が過去に死んだことになっていた人物だったという展開。元の持ち主(?)の記憶が徐々に蘇っていくことに苦しむダミアン。そして彼の決断。そこに至るまでの苦悶。自分があの立場になったら、どう行動していたか、考えさせられる作品でした。


 鑑賞日: 19年9月13日


 皆様の感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話 核まで焼き尽くす!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ホーク中尉は逃れられるのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話を紹介します! [内容] #19 死なざる者の死 マスタングは急ぎ、ホークのところに向かい、ギリギリのところでグラトニーを阻止していた。 そしてバリーの肉体がどこに戻っていこうとしているのかを追跡。第三研究所を突き止めて、そこまでとしようとして

Comments


bottom of page