top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『クロニクル』は超能力がもたらした暴走劇

更新日:2022年3月15日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は映画『クロニクル』を紹介します!


[あらすじ]

 高校三年生のアンドリューは日常生活を記録しようと考え、ビデオを常に回し始める。そんなことばかりせずに、もっと人と接したらどうだと、従兄弟のマットに誘われてパーティに参加する。パーティー会場でマットと政治家を目指しているスティーブが面白いものを見つけたらから、一緒に行こうとアンドリューを、森の方へ連れていく。そこには穴があり、中に下りていくと水晶のようなものを見つけるのだった。スティーブがそれに触れると、激しい光が発生して3人とも意識を失う。

 後日、3人は超能力が使えるようになっていた。ものを自在に動かし、さらには飛ぶこともできるようになる。超能力を使えるようになってアンドリューは少しずつ行動が過激になっていくのだった。


[感想]

 内気な人物が超能力を使えるようになると、日頃のため込んでいた感情が、悪い方向へと働いていくと言う典型的な作品。もし、アンドリューがもっと社交的な性格の人物で、超能力が使えるようになったら、もっと見ていて明るい展開になったのではないだろうか、と想像する。

 あるいは自分がこの立場になっていたらどうしただろうか、と思いを膨らませながらの鑑賞になった。アンドリュー役のデイン・デハーンの目つきがどこか陰気な感じで、表情と行動が伴っているように感じられた部分は、彼の演技力の高さを物語っていたのかもしれない。

結末は決してハッピーエンドとは言えず、見終わった後にどうもスッキリ感に乏しい作品でした。


 鑑賞日:2020年6月21日


 皆さんの感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page