top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は予測困難な展開が楽しい

更新日:2021年12月11日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は、トム・クルーズ主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を紹介します!


[あらすじ]

 広報担当のケイジ少佐は、統合防衛本部のグリーソン将軍に呼び出される。そして前線での取材をせよと命じられる。戦場に出たことのないケイジ少佐は、その要請を謹んで辞退するが、逮捕されてしまう。そしてヒースロー基地に送り込まれ、J分隊の二等兵として配属される。そのまますぐさま戦場に駆り出されたケイジは、ギタイと呼ばれる宇宙からの侵略者による一方的な攻撃に隊が全滅に追い込まれる。ケイジもまたアルファと呼ばれるギタイと相討ちになって死亡。

 ところが、再びヒースロー基地に送り込まれるところで意識が戻るのだった。


[感想]

 予備知識なしで見ると、前半の展開がとても面白い。何が起きているのか、この先どうなるのかと思って緊張がずっと続く。やがてその展開に変化が起き始めて、また興味。最後までどうなるのか、全く予測不能の展開だったのが非常によかった。トム・クルーズが戦場を知らない広報担当から、前線に送り出される下っ端の二等兵になるという展開も、また興味深い。ギタイとの戦闘シーンは緊張感に溢れ、それでいてスピード感もあってハラハラもあって、非常に見応えのある作品だった。


 鑑賞日:19年10月12日


 皆様の感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話 核まで焼き尽くす!

こんにちは、Dancing Shigekoです! ホーク中尉は逃れられるのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第19話を紹介します! [内容] #19 死なざる者の死 マスタングは急ぎ、ホークのところに向かい、ギリギリのところでグラトニーを阻止していた。 そしてバリーの肉体がどこに戻っていこうとしているのかを追跡。第三研究所を突き止めて、そこまでとしようとして

Comments


bottom of page