top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画『オレの獲物はビンラディン』に見た人類の多様性

更新日:2021年11月21日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は、ニコラス・ケイジ主演映画『オレの獲物はビンラディン』を紹介します!


[あらすじ]

 ゲイリー・フォークナーは人工透析を受けていた時に、オサマ・ビンラディンを捕まえよとお告げを聞く。そのお告げに従い、パキスタンへ行く。パラグライダーでパキスタンに入ろうとしたり、ゲイリーの行動は常識を超えるものだった。その行動で、行く先々で騒動を起こし、とうとうパキスタン当局に拘束されてしまう。そして彼の身柄はアメリカへと送還されるのだった。


[感想]

 世の中にはいろんな人がいる。このゲイリー・フォークナーという人物が実在して、ビンラディンを捕まえに行こうとしていたというのだから、驚きである。さらに驚きなのは、そのような人物が映画になるというのだから、世の中いろんな人がいる。

 そしてこの役を買って出たニコラス・ケイジ。あまりの暴走っぷりに、当の本人もどこか取り憑かれてしまったのでは、と感じてしまう。それがニコラス・ケイジの演技力だと改めて感じる。


 鑑賞日:20年2月6日


 皆様の感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話 核研究者を守れ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! レスターはそろそろ離脱か? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話を紹介します! [内容] #7 シミタール エリザベスはトムを監禁していた。そしてベルリンへの手がかりを聞き出す。イヴァン・ヴァルコフの名前を聞き出し、レディントンに共有。 レディントンからはイランの核兵器研究者の暗殺事件がきっかけでシミター

Comentarios


bottom of page