top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画感想5『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランド版スパイダーマンの終わりを見る

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今回は、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の感想その5を紹介。これで2回目の鑑賞の感想はおしまい。


[感想]

 ドクター・ストレンジの魔術でスパイダーマンがピーターだと言う事を忘れ去った後の生活。

 ピーターは約束通りMJの働くカフェへと向かう。どんなふうに話そうかと下書きまで用意をして、入っていく。他の客と話をしていたMJが振り向き、ピーターに向かって手を挙げる。ピーターが覚えているのか?と期待した表情になりかけた直後、ネッドが入ってくる。

 やっぱり覚えていないのかと分かり、気を取り直してMJに話しかける。名乗った後にコーヒーを頼むピーター。どんな言葉を言うつもりだったのか。

 注文を聞いて、ドーナツをネッドに渡しながらMITの話をしている二人。その様子を見ていたピーターがMITの生活は楽しみ?と問う。その返答がピーターの知るMJの言葉だったから、先読みしてそのセリフをぴーたーが言うと、どうしてそれを?と言った反応をMJが示す。

 しかしそれ以上、会話を膨らませられず、ピーターは用意していた紙を仕舞い込んでしまう。ピーターは、MJとネッドとそれぞれが今を生きている様子を見て、何かを悟った表情になって帰っていく。

 それはシリーズを完結を思わせるような流れ。それなのに、最後、ヴェノムの液体を残して別世界に戻って行ったエディの場面がある。今後のスパイダーマンがどうなるのか、とても気になる部分だった。


他、ドクター・ストレンジがピーターのことをsmart kidと言った場面やウォンは一体忙しくどこにいっていのかと思ったり、ハーピーがアベンジャーズの意思は途切れてしまったと悲観的になっているところをピーターがそんなことはないと言うあたりなど、いろんな含みや思うところがあって楽しめた。


 鑑賞日:2022年1月10日


[関連ブログ]


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話 まごころ病院、経営危機?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 次はどんな患者がやってくるのか。 今回は国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話を紹介します! [内容] #3 とおるがホストに!?予約殺到の美容クリニック開業!! まごころ病院は経理の白木の要望が通って日曜日休診、月曜日は救急のみの週休2日になった。月曜日に美容クリニックを始めると、売り上げは伸びていく。ところが、救急で搬送されてきた韓国人が美容関連の注

Comments


bottom of page