top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

映画感想『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』オススメキャラはドクター・オクトパス

更新日:2022年1月12日



 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 本日、子供が見たがっていたため、私にとっては二度目の映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を鑑賞してした。


 二回目の鑑賞での感想を何回かに分けてしょうかいします。


[感想]

・数多く登場するキャラの中で1番の存在感は…

 ドクター・オクトパス(オットー)が最高。オリジナルの二作品目で登場したドクター・オクトパス。オリジナルでも最後は街が破壊されてはいけないと自らを犠牲にして川に沈んでいったシーンが印象的な彼。

 今回も見せてくれた。

 背中から出ている人工アームで体を宙に浮かして動く姿は相変わらず独特。ピーターの提案で真っ先に治療の対象になる。

 首に取り付けているマイクロチップが完成して、いざ首に取り付けると、昔の優しい眼差しに戻る。その後、オズボーンが暴れ出し、一緒にマックスも暴れ出す。オットーはマックスを止めようとするけれども、電撃で飛ばされてしまう。それ以降、姿を消すオットー。

 治療すべき対象は後四人になって、自由の女神に誘い込むピーターたち。一体ずつ治療しようと言う作戦に変えて、まずはサンドマン。次にマックスことエレクトロ。ところがエレクトロの溢れ出る電気エネルギーを前になかなか近づけないスパイダーマン。

 その時!姿を見せたのがドクター・オクトパス。ここは任せろ、とエレクトロに言ってスパイダーマンを一人ずつ奪い取っていく。

 「あれ?」再び敵になってしまった?と思いきや、エレクトロも抑え込み胸のジェネレータを取り外して、治療用に付け替える。もともと、核融炉の中でも作業ができるように設計されていた人工アーム。エレクトロの電撃にも動じない。素早くエレクトロの治療に成功する。

 この登場の仕方は実にカッコいい。やはりオットーは善良な博士だったと感じる。オリジナルでもここでも魅せてくれていた。


 ドクター・ストレンジの存在感が良かったことは一回目鑑賞時の感想で紹介の通り。ダブルドクターが存在感十分!


 鑑賞日:2022年1月10日


[関連ブログ]


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第46話 皆準備オーライ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 皆集結するのか? 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第46話を紹介します! [内容] #46 迫る影 リゼンブールの羊祭りの日に、ウィンリーは家に戻ってきていた。すると、そこにはエドがいた。約束の日に備えて準備していたという。アルが駅まで来ていると聞くけれど、会いには行かずにエドは次の地へと向かう。 東方司令部では

映画『ウォール・ストリート』証券マンの感覚は難しい!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 先日観た映画『ウォール街』のリメイク!? 今回は映画『ウォール・ストリート』を紹介します! [基本情報] 原題:Wall Street:Money Never Sleeps 監督:オリバー・ストーン 脚本:スタンリー・ワイザー オリバー・ストーン スティーヴン・シフ アラン・ローブ 製作:エドワード・R・プレスマン エリック・コペロフ 製作総指揮:

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第14話 レディントン救出作戦?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! エリザベスは思い出すのか? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第14話を紹介します! [内容] #14 T・アール・キング6世 レディントンがブラックリストに乗るような女性マデリーンがアール・キングに連れ去られたと情報を伝えに来る。エリザベスはその捜索を進めることにするがレディントンも独自に調査。するとキング

Comments


bottom of page