top of page
検索

小説『祈りの幕が下りる時』加賀の母の過去が明かされて行く

更新日:2023年3月6日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 緊急事態宣言が一部解除される可能性が出てきました。順調に感染が減ってきていると言うことでしょうか。


 さて、今日は東野圭吾作品、加賀恭一郎シリーズ 小説"祈りの幕が下りる時”を紹介します!


[内容]

 荒川の河川敷で焼死体が見つかる。

 捜査に当たった加賀と松宮。身元を調べて行くと1人の男が挙がってくる。その人物について調べて行くと、徐々に加賀の母親とのつながりが見えて行くのだった。

 そして事件が解決に向かうに連れ、加賀の母親の過去が明かされて行くのだった。


[感想]

 加賀恭一郎シリーズ、最新刊。これまでの一連の加賀シリーズから、家族の過去が語られるようになった今回の作品は、どこか加賀シリーズの終わりを告げているようにも感じられる。警視庁に戻ったという事実もまた、そういう含みを感じずにはいられない。加賀の母親を知る男の焼死体。もちろん、すぐにそれが加賀の母親を知る男とは繋がらないのだけれど、この展開が実に読み応えがあった。12の橋の謎、そこに行き着くまでの浅居博美の回想。それぞれの話の見せ方が、とても上手で早く次を知りたいと思わせる内容だった。


 読了日:19年11月7日


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話) 記憶が戻った先は…?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 公太郎とはどうなるのか? 今回は国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 私が恋したのは- まことは公太郎を見かけるがそのまま素通りしようとしていた。公太郎は、まことに幸せだったらいいと言って、もう会わないことを勧める。 まことは律と水族館にデートに出かけるが、帰ってから、何かが違うと感

Comments


bottom of page