top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

小説『悪寒』結末は実に予想外

更新日:2023年1月30日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日は、小説『悪寒』を紹介します!


[あらすじ]

 賢一は山形の支店に異動になって一年が経とうとしていた。一年経ったら、本店に戻すと言う約束を信じて、賢一は支店長の嫌味にも我慢して生活をしていた。その約束をしたのは当時の常務 南田隆司。ところが、会社の同僚 高森と食事していた時に、妻 倫子から意味深なメールが届き、胸騒ぎがした賢一は急ぎ、東京の自宅に帰ることに決める。そして東京へ向かう途中に警察から電話があり、倫子が南田隆司を殺したと知らされるのだった。一体、何が起きたのか、真相を知るために賢一は、自分なりに調べていくのだった。


[感想]

 裁判の場面から始まる本作品。その発言をしているのが誰なのか。それが最後に明らかになる。最初から罪を認めている妻 倫子の様子。それまでの妻の様子とは全く異なる何かを隠している雰囲気を感じる賢一。それが何なのかを自分なりに調べていこうとする。しかし全く進展が無いまま、妻の初公判の日を迎えてしまう。てっきりそれが最初の場面と繋がるのかと思いきや、実はそこから怒涛の展開が待ち受けている。二転三転する展開に、早く真相を知りたいと、後半は一気に読み進めたくなる展開でした。


 読了日:20年3月28日


 皆さんの感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話) 記憶が戻った先は…?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 公太郎とはどうなるのか? 今回は国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 私が恋したのは- まことは公太郎を見かけるがそのまま素通りしようとしていた。公太郎は、まことに幸せだったらいいと言って、もう会わないことを勧める。 まことは律と水族館にデートに出かけるが、帰ってから、何かが違うと感

Comments


bottom of page