top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

小説『椿山課長の七日間』逆走装置でセカンドチャンス


 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今回は小説『椿山課長の七日間』を紹介します!


[基本情報]

 著者:浅田次郎

 出版社:集英社

 出版年:2015年

 ページ数:450ページ


[登場人物]

椿山和昭

 デパートの課長。過労で急逝。

武田親分

 ヤクザの親分。他のターゲットと間違われて殺される。

根本少年

 小学生。車に撥ねられ亡くなる。

[内容]

 椿山課長はバーゲンの在庫を勝ち取るために業者と接待していた。ところが、突如意識が遠のき、気づくと沙羅の花が咲く道にいた。そこは天国への通り道。

 役所の人の指示に従い、講習を受けるが、邪婬の罪を問われ、異議を唱える。現世に思い残すことがあると言って、交渉の末、逆走されることになった。

 時同じくして黄泉の国に来ていた武田、根本少年ともども現世に戻って、やり残したことを遂げる行動に出るのだった…


[感想]

 死後七日間の世界を三人の登場人物を中心に描く作品。

・椿山課長の七日間

 邪婬の罪に納得せず、家族のことも気になって現世に戻っていく椿山。現世では、生きていた頃と真逆のイメージの人物になると言われる仕組みで、女性として現世に戻る。

 家族の元へ行くと、そこでは妻の秘密を知ってしまい、偶然乗った電車では父の秘密を知る。意図的に会いに行った女性の友人の思いを知り、ことごとく椿山の想像とは異なる現実が待ち受けている。

 死んでまで、みんなの秘密を知ってしまうのはどうなのだろう?それであれば、静かにこの世を去った方がよかったのだろうか。


・武田親分の七日間

 ヤクザの親分武田は、弁護士になってこの世に戻る。気がかりだった子分たちの行った先の3人の親分に会い、誰と間違われたのか。殺し屋を雇っていないか、探りを入れていく。すると、それぞれの思惑が描かれる。武田に語らわれることはない、それぞれの思惑。その結果、誤って殺されてしまった武田。その構図の悲しきこと。皆、武田のことは慕っていたのに、その慕われていた人物が誤って殺されるのだから、これが世の中ってものなのかもと感じさせる。


・根本少年の七日間

 そして根本少年。女の子になってこの世に戻る。本当の両親を知りたくて、戻ってきたという根本少年。彼の両親探しに協力するのが、椿山の息子と父というのだから、なんという巡り合わせ。現世に戻るだけではなく、この辺りの見せ方に工夫があるのが面白い。

 根本少年と椿山課長が、現世での経験をもとに、あの世で親密な関係になるのかもしれない?そんな予感をさせる設定。


・黄泉の国のイメージ

 黄泉の国というと、丹波哲郎氏の映画『大霊界』が思い出される。死んでしまったのだ、と思わせる見せ方の世界観と違って、この世界は死んでもなお普通の生活が待っている、そんな印象を受ける。受付にできる長蛇の列。講習を受けて、次のステップに回される様子。まるで免許センター、そんな場所で一通りの事務処理を済ませると、晴れて極楽へと向かうというのだから、面白い。

 またこの世に逆走されて来れるのは死後7日間のみ、という内容や、時間の厳守、身バレ禁止、復讐の禁止というルールがあって、それを破ると怖いことになるというあたり、本来なら深刻なのだろうけれど、なぜか愉快な気持ちになる安心感があるのが印象的。


・終わりは始まり

 そして極楽へと向かっていくと、そこには迎えがいる。自分をよく知る誰かが迎えにきてくれるという。この世での生活は終わってしまったけれど、極楽での安らかな生活が始まる、そんな感じの終わり方。死後の世界に安心感をもたらしてくれる展開だった。

 この世に思い残すことがあっても7日間のチャンスがもらえると思わせてくれる一冊だった。

 読了日:2022年6月23日


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話 核研究者を守れ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! レスターはそろそろ離脱か? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話を紹介します! [内容] #7 シミタール エリザベスはトムを監禁していた。そしてベルリンへの手がかりを聞き出す。イヴァン・ヴァルコフの名前を聞き出し、レディントンに共有。 レディントンからはイランの核兵器研究者の暗殺事件がきっかけでシミター

Comments


bottom of page