top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

宣言する勇気



こんにちは、Dancing Shigekoです!


福井県では全国で初のレベル3の自動運転車が公道を走るようです。自動運転の実用化が進むとどんな世界が待っているのか、想像すると楽しみです!


中学生の頃だったと思うり"不言実行"が美徳とされていたと記憶している。何も言わなくても、やれるのが大切だと。そんな感じの教育を受けたように記憶している。


以来、基本的にはやろうと思っていることを黙って実行することを心がけていた。それが影響してなのか、社会人になっても、あまり自分の抱えていることを話さない傾向になっていると感じる。


しかし、これはあまり良くないと考え改めている。


仕事に関しては、黙って進める=周りからの支援を得られない。


結果、収拾が利かなくなってしまうようなことになろうものなら、被害甚大。そうならないにしても、自分自身にかかる負担は半端ない。そして、さらには何をしているのか、周りに見えないものだから自分が思ってるほどには周りが共感できない、などいろんな点で損だと感じる。


だから仕事に関しては、なるばく状況を共有、困りごとなどもこまめに共有。それを心がけるようにすることが大切だと痛感。


プライベートに関しては、黙って進める=いつやめても誰にも気付かれない。


結果、目標などを持っていても、実行できなかったからと言って、自責の念が湧きづらい。そのうち、目標が達成できなくてもなんとも感じなくなる。そんな気がする。自分の言葉、意思に対して無責任になるように感じる。


だから、もっと周りにやろうと思っていることや、目標を宣言していくのがいいのだと思う。たとえ、その目標に共感してもらえなくても、相手の記憶に留まらなくても、宣言することで自分なりの退路を断つことができるのではないかと思う。


今、自分にとって、プライベートでの宣言が少ないように感じている。すごく覚悟がいることであり、そこを超えなくてはいけないのだと感じる。


このブログの場だけでなく、家庭でも宣言して、もっと自分の成長につなげていこうと、感じるのでありました。


皆様はどうですか?


それでは、また明日!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話) 記憶が戻った先は…?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 公太郎とはどうなるのか? 今回は国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 私が恋したのは- まことは公太郎を見かけるがそのまま素通りしようとしていた。公太郎は、まことに幸せだったらいいと言って、もう会わないことを勧める。 まことは律と水族館にデートに出かけるが、帰ってから、何かが違うと感

Comments


bottom of page