top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ"知ってるワイフ" 第9話 明かされる過去

更新日:2021年3月20日


こんにちは、Dancing Shigekoです!


娘の中で、ハリー・ポッターがブームになっているみたいです。考えてみると、まだハリー・ポッターシリーズの感想をアップしていないので、おさらいしてアップしていきたいです!


さて、今日は国内ドラマ"知ってるワイフ" 第9話を紹介します!


前話の感想はこちら→第8話


続き見たい度:優 (ランクの定義はこちら


[内容]

澪はマラソン大会の翌日、津山に話があると言って、仕事の後に時間を取ってもらうことにしていた。そしてそこで澪は津山に別れを切り出す。津山は、また同僚に戻ろうと受け入れるが、木田のお店で剣崎と二人に励まされていた。

剣崎は次の日、仕事の終わり際に澪を呼び止めて、津山とのことを考え直して欲しいと話す。しかし澪はそんなつもりはないときっぱりと自分の気持ちを話す。その様子を偶然、見てしまった津山は夜、剣崎を追い出すのだった。

その頃、澪はなぎさとジョギングしていて、澪の気持ちが兄にあることを察知していた。

銀行では剣崎と津山、津山と澪とがギクシャクしていた。その状況を変える必要があると感じていた剣崎は異動を申し出ていた。

津山と剣崎が険悪な感じである理由が剣崎にあると、なぎさの想像を聞いた木田もまた剣崎と喧嘩する。その剣崎は、大学に行って、静かな朝を迎えていた。そこに夢で結婚した相手が剣崎だと知った澪が現れる。何を知っているのかと、問い詰められて、剣崎は二人が結婚していたことを語る。

[感想]

いよいよ剣崎が過去の話をした。その話を聞いた時、澪はどう受け止めるのか。剣崎を良い形で知ってしまった彼女が取る行動はどんなものになるのか。

親友との友情が壊れる瞬間が今回は二回あった。津山と剣崎、木田と剣崎。親友の恋人を横取りするなんてひどい、ということで木田は怒り、自分の幸せを横取りして嘲笑っているなんてひどい、と言って怒りを見せる津山。親友と呼べる友人がいることには羨ましさを覚え、同時に親友だったら過去が変わってしまったことを話しそうな気もすると思う。その辺りが剣崎の性格なのだと思う。

結局、この剣崎の優柔な性格、優先度を間違える性格が全ての元凶のように感じる。澪との結婚生活で、自分の発言に責任を持たず、仕事を口実にするスタンスは、さやかとの生活でも一緒。人は何度人生をやり直しても同じことを繰り返すだけなのかもしれないという、限界を感じさせるドラマなのかもしれない。

しかし、澪の母親と小池が知り合いという設定が明かされた今回。この二人は何を知っているのか。実は澪の母親は認知症ではなく、タイムスリップをしすぎただけの人物ってことか。小池がタイムスリップしたことは知っている感じだったし、意味深。この部分も何かが明かされていくのかもしれない。

そしてメインの人物の外で篠原と樋口、篠原と尾形という謎の構図が展開されたり、西と小谷の助け合いが繰り広げられたり、すっかり脇役になったさやかの団員チャレンジの場面など、決して大きくはないけれど、このサブの存在があるから、メインの展開が引き立つのかもしれない。

最後に、剣崎の”会う予定じゃなかった”という言葉に”えっ”と言った時の澪の表情がとても印象的だった。

親友たちの友情はどうなるのか。結婚していたと聞かされた澪がどう出るのか。次回が楽しみな展開でした。


皆様の感想もぜひお聞かせください!


それでは、また明日!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話) 記憶が戻った先は…?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 公太郎とはどうなるのか? 今回は国内ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 私が恋したのは- まことは公太郎を見かけるがそのまま素通りしようとしていた。公太郎は、まことに幸せだったらいいと言って、もう会わないことを勧める。 まことは律と水族館にデートに出かけるが、帰ってから、何かが違うと感

コメント


bottom of page