top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ"この恋あたためますか"第6話 温泉で近く二人の関係


こんにちは、Dancing Shigekoです!


国産ヒノトリで5Gを活用して手術支援ロボ遠隔操作実験が始まったと。いよいよ遠隔治療が本格していくかもしれません。少しずつ世の中が変化していくのを感じますね。


さて、今日は国内ドラマ"この恋あたためますか"第6話を紹介します!


[内容]

浅羽が社長を辞めさせられた後、誰も連絡が取れずにいた。そこで新谷は家に行こうと思うと言うので、樹木も連れていく。そこにいたのはハンモックに埋れて雑誌を読む浅羽だった。樹木には時間が止まっているように見え、その状況から脱するために、浅羽をコンビニバイトに引っ張り出す。上目黒店でバイトをすることになった浅羽は、店長の上杉をはじめ、李、碓井、そして樹木の指導の中、バイト生活を始めるのだった。

その頃、ココエブリでは社長代行に就任した神子がスイーツ課の戦略をもとに戻す。一岡はスイーツ課の課長補佐として戻っていく。北川は神子の方針に上手に乗って、コンペで勝利。自分の提案の商品化に向けて調子を上げていた。一方の樹木は神子は方針に従おうとしないことに対して警告されていた。

上目黒店では土日に研修と銘打って、温泉へといくことになった。浅羽もいくことになり、さらに李に誘われ、樹木もいく。

土曜日、北川の商品のテスト販売がされている頃、浅羽は上目黒店の人たちと一緒に温泉で過ごしていた。そのことを知って、北川はショックを受けるのだった。

樹木は浅羽から熱い思いを聞かされ、社長に戻ってとお願いしていた。その時、浅羽は樹木から告白されたことについて、言及するのだった。

[感想]

浅羽が社長を辞めさせられて、このまま樹木との関係が疎遠になっていくのか、と思いきやバイトに引っ張り出すと言う飛び道具が出てきて、笑えた。最初は嫌がりながらも樹木の説得に、理解を示しながらバイトという立場でいろんなことを学んでいくと言う浅羽の寛容さ、あるいはビジネスマンとしての嗅覚がすごい。その経験が、早くも新たなビジネスの案に繋がっていく。移動型コンビニについて、語り出すほどまでに案を詰めていっているのだから、すごい。日頃のちょっとしたことにヒントを得ていく。こう言ったものごとの捉え方はすごいと感じる。この後、どのように浅羽が次のステップに向かうのか、その部分に興味が行ってしまう。

もちろん肝心の樹木と浅羽の関係ももちろん気になる。浅羽が樹木の告白に対して口を開く。いや、そう思わせておいて、私とあなたは社員と社長。の方の言葉に対して、考えを見せようとしているのか。一緒に仕事しないかって提案をするのだろうか。アリそうだ。樹木はそれを自分が好きだと言ったことに対して、何か言われると構えているように見える。このやり取りが面白い。

でもきっと浅羽はまだ樹木を恋愛対象とは考えていなくて、チンアナゴと思っているだけなのだろう。では、いつチンアナゴと思っていた相手が一人の恋愛対象になるのか。これからの行方がますます気になる。

今回は意外と樹木と浅羽が近い感じの展開で見ていて、ちょっとばかり安心の展開でした。


皆様の感想もぜひお聞かせください!


それでは、また明日!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『競争の番人』第5話 世界で勝つには…

こんにちは、Dancing Shigekoです! アレス電機との対決はどうなるか? 今回は国内ドラマ『競争の番人』第5話を紹介します! [内容] #5 情報漏洩!? 公取内部に裏切り者が? 下請けいじめ、ついに決着!! 公取がアレス電機の立入検査を実施しようと考えていたところ、検察が横領の疑いで先に調べたいから待ってほしいと依頼がある。しかし、本庄審査長は毅然と断り、立入検査当日。タイミングを見計

bottom of page