top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『silent』第10話 刺激が強すぎたか?

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 佐倉と青羽はどうなるか。

 今回は国内ドラマ『silent』第10話を紹介します!

 前回感想→こちら

[内容]

#10 また何も伝えずにいなくなるのは許さない

 佐倉は青羽からCDを借りようとしていた。しかし突然思いとどまる。そんな様子に青羽は戸惑いを感じていた。

 戸川も光も真子も、青羽が佐倉と交際しない理由を不思議がっている。

 そして青羽が佐倉と会っている時に、佐倉は声を聞きたい、でも聞けない。それが辛いというのだった。

 

[感想]

 順調に見えた青羽と佐倉の間に変化が見える一話。

<どっちが良かったのか>

・青羽の声が聞こえないことが辛い

 青羽がいつも通りに佐倉と会話をしている。食器を洗っている時に佐倉がちょっかいを出す。それに対して、手話ができず、声だけで反応する。なるべく口の動きをはっきりさせて佐倉に伝わるようにしている。その青羽を見て、佐倉は急に気持ちが塞ぎ始める。

 その理由が後半に語られる。青羽の声を思い出せない。声を聞きたい、と思ってしまうという。聞こえないのが辛いと。

 こんな思いをするのだったら、再会しない方が良かったという。前回のエピソードで佐倉はだいぶ気持ちを前向きに持つことができた感じだったのに、ここに来て、再び大きく沈んでいく。

 もし青羽と佐倉が高校の同級生ではなかったのなら?佐倉はきっとこんな思いをしなくて済んだのだろう。ただ同級生ではなかったのなから、こうして二人が一緒に会話をしているという展開もなかったのだと想像される。

 青羽の声を知らなければ、こんな思いはしなかった。でも、知っているから辛いを思いをする。なんとも切ないというか、苦しい思い。

<違いはあっても>

・いい感じに飲んでいる三人

 一方、春尾と桃野は、長く止まっていた時間が順調に動き出す。桃野の手紙を読み、春尾が連絡を入れる。そしていつもの居酒屋で食事をしている。春尾は手話をする時に声を出さない。その辺りは、ろう者に対する配慮という感じがある。

 この二人の会話が興味深かった。手話はコミュニケーションの手段に過ぎない。それだけでは相手のうちなるものを理解することはできないと言う。ろう者と聴者の間にはどうしても見えない壁があるのだと、春尾は感じている。

 そう言った会話をしている所に、戸川が現れる。それで、三人で飲み始める。桃野が戸川に対して、罵倒を始める。戸川がしっかりしていたら、青羽と佐倉が再び会い始めることもなかったのにと、バカ呼ばわりしている。罵倒しているのに、嫌味な感じがないのが不思議な場面。どちらかと言うと。ほんわかとしているのだから面白い。

 何を言われているのか分からない戸川。間に入って、通訳をしようか、困っている春尾。バーカと貶し続ける桃野。その様子は決してギスギスしたものではなく、打ち解けた感じがある。

 春尾と桃野は順調に動き出しそうな気配が滲み出ている場面だった。

<雨の日に>

・大学キャンパス

 光がレポートを忘れたと言って、青羽に電話をしている。今から仕事だから届けにいけないと答えていると、佐倉が代わりに持っていくと言う。そして佐倉が大学キャンパスで光を待つ場面に移る。

 大学に通う光、と言うイメージから晴れている様子を想像していた。ところが雨が降っている中で佐倉が待っている。意外な設定。その直前は屋内の映像だったから、外の天気は分からないわけだけれど、雨が降っているような感じではなかっただけに不思議な感じを覚えてしまった。

 それに光が通っている大学はどこのキャンパスを使っていたのだろうか。


 二人の決断はどっちになるのか?

 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『366日』第2話 遥斗、昏睡・・・

こんにちは、Dancing Shigekoです! 怪我は治るのか? 今回は国内ドラマ『366日』第2話を紹介します! [内容] #2 諦めたくない…覚悟の告白 明日香は智也から連絡を受けて病院へ向かう。手術中ずっと外で待っていた。手術が終わり、手術室から出てきた医師が音楽教室の生徒の親 池沢と知り、話を聞きに行こうとするが、家族のみが結果を聞かされるのを待っていた。 脳の怪我をしたということで意識

Comments


bottom of page