top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『Destiny』みなハッピーなのか?

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 石原さとみ出演ドラマは国内ドラマ『恋はDeepに』以来だった見たい。


 今回は国内ドラマ『Destiny』を紹介します!


[基本情報]

 脚本:吉田紀子

 監督:新城毅彦

    星野和成

    中村圭良

 音楽:得田真裕

 エンディング:椎名林檎『人間として』

 製作総指揮:中川慎子

 プロデューサー:浜田壮瑛

         森田美桜

         大古場栄一

 制作:AOI Pro.

 製作:テレビ朝日


[登場人物]

西村奏:石原さとみ

 父親が検事で、中学の時に自殺している。父親が自殺した真相を知りたくて検事になる。

野木真樹:亀梨和也

 父親が弁護士。奏とは大学時代の同期で恋人。


[内容]

 西村奏は検事だった父親 辻英介が自殺のが理由で、自らも検事になった。大学で知り合った真樹らと仲良く過ごしていたが、仲間の一人カオリが事故死してから、真樹は姿をくらます。

 それから13年、真樹が再び奏の前に姿を現す。そしてカオリの事故、さらには辻英介を殺したのは、真樹の父 野木浩一郎だと言い出すのだった。


[感想]

 奏が父親の自殺の真相を探し求める作品。

・予想していた結末

 第一話を見た時には、元恋人 真樹が深刻な罪を犯し、検事になった奏が彼を裁く。裁く上で、私情が勝るか、検事の責任が勝るか、と言うのを描く作品なのだと思っていた。そのため、学生の頃の思い出話になった時には、そこに真樹が犯した罪が描かれるものだと思っていた。

 ところが、第一話は真樹との愛情の深さがメインに描かれていて、真樹がとんでもない事件を犯すという展開にはならない。13年ぶりに再会した真樹が、何かをするのか、と言ったらそうでもない。放火犯として逮捕されて、その取り調べを奏がするけれど、第一話で言っていたほどの危機迫る事件という印象ではなかった。

 第一話で期待させられた内容とはだいぶ路線が違った、と感じたのが正直なところ。

 自分にとっては、ちょっとばかり肩透かしといった内容だった。


・結局は恋愛がメイン?

 では、何がメインだったのか。

 奏と真樹の恋愛が一番描きたい部分だったのかな?という感じが残る。奏の父 辻英介の事件について調べ上げて、父の汚名を晴らす、それを大々的に晴らす、という感じでもなく、真樹の父 野木浩一郎の極悪な過去を裁く、という訳でもない。

 奏と真樹がよりを戻して終わった。そこに辿り着く必要があったのか。貴志との復縁がなかったというのも、真樹が癌を患っていて治らないかもしれない、といった副産物も何か、パンチにかける感じだったか。


・最近の流行り?

 ところでこのドラマでは、石原さとみを始め、亀梨和也らが大学生の役を演じる。極端に違和感がある訳ではない。実年齢を知っていると、だいぶ無理しているのではないか?と感じずにはいられない。

 とは言っても、まだ国内ドラマ『366日』よりは無理をしていないのか?大学生までは許容範囲か。世の中には社会人大学生とかもあるわけで、それなりの服装をしたら、見えなくもない。

 学生時代は別の俳優を使う、が自分の知るドラマでは多かった印象があるだけに、最近の流行りなのか、と感じずにはいられない。


 もう少し捻りが、あるいは直球勝負の奏がガッツリ真樹を裁く、と言った展開でも良かったのでないか、と感じる作品だった。


[各話感想]

 第3話 復縁!?

 第9話(最終話) みなスッキリ!?


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話 まごころ病院、経営危機?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 次はどんな患者がやってくるのか。 今回は国内ドラマ『新宿野戦病院』第3話を紹介します! [内容] #3 とおるがホストに!?予約殺到の美容クリニック開業!! まごころ病院は経理の白木の要望が通って日曜日休診、月曜日は救急のみの週休2日になった。月曜日に美容クリニックを始めると、売り上げは伸びていく。ところが、救急で搬送されてきた韓国人が美容関連の注

Comments


bottom of page