top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第8話 サービス残業!?

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 合併関連の揉め事が続くか?


 今回は国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第8話を紹介します!


[内容]

#8 死者からの彼岸花!?

 京橋支店で事務ミスが続いている。調査と指導に臨店班が出向いていく。その日は紀本経営企画部長が、京橋支店の業績No.1の表彰に来ていた。さらに紀本部長宛に彼岸花が届く。その差出人は川野だった。誰がこの花を出してきたのか?京橋支店の臨店を進めると、明らかに残業をしているにも関わらず、残業をしていないという実態が浮き彫りになってくる。組織ぐるみのサービス残業なのか、詳細に調べていくのだった。


[感想]

 サービス残業と川野の仕事っぷりが描かれる1話。

・業績No.1をとる支店

 京橋支店は全支店の中で業績No.1と言う。何店舗あって、その中でトップをとっているのか。トップを讃える表彰に来ている紀本。トップになった支店で表彰が行われるのだ、とちょっと意外。全支店が見守る中で表彰をした方が、現場の人たちは盛り上がるように思うのだけれど、違うのだろうか。銀行という組織では、規模が大き過ぎて全体集会ができないのかもしれない。

 どうなっているのだろうか。

 実際がどんな感じなのか、興味が湧いてくる。支店で表彰された方が盛り上がるのかな?


・誰のための仕事か?

 ところが肝心の京橋支店の行員は誰一人表彰を喜んでいない。みんな覇気がなく、死んだ魚のような目をしている。臨店班の二人の実態調査のヒアリングで、残業はしていないと口を揃えていい、それでいて疲労感。

 相馬が偶然23:00頃に京橋支店から出てくる行員たちを見かけて話しかけても、残業ではない、と言っている。

 生活を犠牲にして、残業代も支給されず、支店としては成績トップ。みんな仕事は楽しくなさそうで、それでいて休んだらさらに仕事が増えるからと休めない。その心境も分かる。

 誰のために仕事をしているのか?体を壊してまで仕事をしてもね、と思うのが正直なところ。それとは別で業績を重要視されてしまうと、しんどいのだろうなぁと思う場面だった。


・今ならばパワハラ

 紀本が京橋支店の支店長だった頃、川野と衝突がある。融資はリスクが高いと判断する声には無視して融資を強行させ、たてついたものだから、それ以降は無視をするという。今で言えばパワハラになるだろうこの対応。

 それとも今でもこう言った対応をする場所はあるのか。仕事の中で得た権力。その権力をかざしてやりたい放題、という仕事の進め方。紀本が偉くなっていくのは、組織として問題ではないのだろうか。


 昇仙峡が何を狙っているのか、少しずつ見えてきたように感じる一話だった。


 前話感想→こちら


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』第56話 意外と素直

こんにちは、Dancing Shigekoです! 宗次郎はどうなった? 今回はアニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』第56話を紹介します! [内容] #56 極限の勝負!瞬天殺対天翔龍閃 宗次郎は早く倒そうと思って本気の勝負に出る。抜刀術の構えで瞬天殺で仕留めると言う。剣心も抜刀術の構えを見せて勝負。 一瞬で勝負はつく。宗次郎は敗れ、剣心の殺さずが正しかった、と認めようとするが剣心はそんなことは

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第47話 エド怯まず進む

こんにちは、Dancing Shigekoです! 約束の日はどうなる? 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第47話を紹介します! [内容] #47 闇の使者 エドはスラムに来ていた。そこでホーエンハイムを見つけ、約束の日について全てを聞き出す。それから約束の日に備えて移動していると、アルが見つかる。しかし様子がおかしい。アルはプライドに取り憑かれていて自由を失って

Comments


bottom of page