top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『下剋上球児』第9話 ライバル撃破!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 星葉との対決はどうなる?


 今回は国内ドラマ『下剋上球児』第9話を紹介します!


[内容]

#9 魂を燃やせ!最強の宿敵と運命の決戦!

 星葉との準決勝が始まる。応援団の違いに飲まれる越山。先発 根室は一球目デッドボールから始まる。その後もエラーなどが出てしまい、いきなり1点取られる。そのまま試合は0-1で硬直状態で進む。

 南雲は檄を飛ばし、部員の気持ちを奮い立たせて、同点に追いつくと、6回に児玉が出てくる。

 久我原が楡と衝突して負傷退場。逆転を許す。2-3で9回裏を迎える。久我原の代わりに入った椿谷は三振。しかし、日沖、楡と塁に出て、代打で犬塚を出すのだった。


[感想]

 準決勝の熱い戦いが描かれる1話。

・圧に飲み込まれる

 どんなに練習試合をこなしてきても本番は異なるもの。ましてや公式戦初先発が1000年優勝チームの星葉。一年の時に練習試合をやって実力差を肌で感じている相手。根室が必死にいつも通りにと考えていても、デッドボールを出してしまう。

 メンバーも守備でエラーが続く。楡が後逸したり、日沖がフライを落球したりと、まさかのミスが続く。

 それがプレッシャーによるものなのか、山住先生にボールを当ててしまった罪の意識からなのか。

 南雲は過ぎてしまったことをいつまでも考えていても仕方がないと言って、今と未来のことに集中しようと声がけするけれど、調子が上がらない。

 前向きの声がけの次は、怒りの声をあげる。その言葉で部員たちは奮起。日沖がヒットで塁に出て流れが変わる。と言った流れ。精神的なものが強いものなのだろう。


・大人の対応

 越山、守備の時に楡と久我原がぶつかって久我原が負傷。治療時間の時に、星葉の観客が南雲のことを偽教師となじり始める。それで観客席は騒然。越山の応援席が反発。一触即発の空気が漂い始めたところを賀門監督が出てきて、「どうか、大人の対応をよろしくお願いいたします」と丁寧にお願いしている。怒鳴るでもなく、呆れた表情を見せるでもなく、相手の言動に理解を示しつつ、自分たちのやりたいことをやらせてほしいという思いを伝える。

 その対応が実に大人だった。もっとねちっこい監督なのかと思っていたら、想像以上に紳士。勝つために必死なまっすぐな監督。心動かされる場面だった。


・代打犬塚

 勝負は最終回、代打犬塚。一打サヨナラのチャンス。てっきり、ここは同点止まりで犬塚が延長でマウンドに登るという展開を予想していたのだけれど、ここは淡白にサヨナラヒットで幕を閉じる。

 その一場面でヒットを打つことができた、これだけでも犬塚としては、納得なのだろうか。先発できなかった時には、心境穏やかではなかっただろうに。結果的には、全てをぶつけることができたという形になったのかな。めでたしめでたし。


 いよいよ決勝、万全の体制で勝利を掴むことができるのか、最後の試合が気になる一話だった。


 前回感想→こちら


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』第54話 宗次郎優勢?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 宗次郎とは互角に? 今回はアニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』第54話を紹介します! [内容] #54 飛天対縮地!宗次郎 天賦の能力 剣心と宗次郎の戦いが早くも始まる。最初の一刀は剣心が受け、宗次郎の菊一文字に微かにひびを入れる。その次からは宗次郎が縮地の3歩手前の速さで迫り、徐々に速さを上げて献身に迫る。 宗次郎はもっと深く傷をつけられるつ

国内ドラマ『ビリオンxスクール』第2話 いじめvs加賀美!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 加賀美の暴走は今回も続くのか。 今回は国内ドラマ『ビリオンxスクール』第2話を紹介します! [内容] #2 AI教師はイジメ問題を解決できるか? 梅野ひめ香がいじめられている。西谷からそう教えられて、対処方法を考える。確固たる証拠を掴んでいじめの対処をしようとしていたが、教頭は梅野に無理やり何もなかったと言わせていた。 加賀美はさらなる常套手段に出

Comments


bottom of page