top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

国内ドラマ『アトムの童(こ)』ゲームで世界を変える!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 株主総会の行方は?


 今回は国内ドラマ『アトムの童(こ)』を紹介します!


[基本情報]

 脚本:神森万里江

 音楽:大間々昴

 プロデュース:中井芳彦、益田千愛

 演出:岡本伸吾、山室大輔、大内舞子、多胡由章

 製作著作:TBS


[登場人物]

安積那由他:山崎賢人

 ゲーム界のバンクシーと呼ばれるジョンドゥの一人。ある一件を境にゲーム作りをやめる。

菅生隼人:松下洸平

 もう一人のジョンドゥ。那由他とゲームを作るのをやめ、SAGASでゲーム作りをしている。

富永海:岸井ゆきの

 アトム玩具の社長を父か引き継ぐ。苦境を打破するために会社方針を大きく変える。

興津晃彦:オダギリジョー

 大手IT企業SAGASの社長。評判が悪いが、根は日本の技術を守りたい思いが強い。


[内容]

 ゲーム界のバンクシーと呼ばれているゲームクリエイターのジョンドゥは、過去のある出来事をきっかけにゲーム業界から離れていた。

 しかしジャンドゥの一人那由他は、アトム玩具の大ファン。アトム玩具が那由他の憎む大手IT企業SAGASに買収されそうになっているのを知り、アトムでゲームを作ることに協力するようになる。

 ゲーム作りを進める上にはもう一人のジョンドゥの隼人の協力が必要だったが、隼人はSAGASでゲーム作りをしているのだった…


[感想]

 ゲームをめぐって老舗玩具メーカーのアトムと大手IT企業のSAGASがぶつかり合う作品。

・驚きのスキル

 ジョンドゥが二人のプログラマーだと言うのだから驚き。さらにアトムでゲーム作りをしていた時も二人で作り上げている。どうやったらこれだけの力量をつける事ができるのか。

 相当大変だとは思うけれど、わずか二人でゲームを作り上げられると言うのはかなり刺激。羨ましい。


・根深い遺恨

 SAGASの社長と那由他、隼人には深い関わりがある。ジョンドゥとして作ったゲームを興津に盗まれたと言うのが二人の意見。その責任を感じて親友の公哉は自殺したのだと考えている。

 その事が原因で興津を敵視する二人。興津がアトムを買収しようとしているから、ますます溝。

 この二人が興津と関係回復する展開は正直想像してなかった。興津は自分が世間の嫌われ者だと認識していて、多分その原因が分かってなかったのだと思う。那由他と興津、二人がぷよぷよを楽しんでいたのは、印象的。ゲームをしながら語り合うってのが、よかった。


・描きたかったのは?

 前半はSAGASとアトム玩具の対立。アトム玩具が社屋の焼失から復活していく過程を描きながら都度SAGASが妨害すると言った流れ。

 ところがいともあっさりSAGASに買収される展開で、対立の結末はどちらかというと那由他らは敗北ムード。

 そこから再起をかけて再びアトムを立ち上げて、SAGASとは無縁のところで業績を伸ばしていく。そのまま順調に終わるのかと思いきや、宮沢ファミリーオフィスが現れ、SAGASを吸収しようとしている。その阻止を助けてほしいと言う流れ。

 この作品の根底には日本の技術流出を危惧している点とゲームは悪という二つの観点に注力したかったのかなと思われる。

 ゲームは世の中を変えることのできる力を持っていて、いろんな可能性を持っていると。また日本の技術流出を防止するためにはきちんと活用していかないといけないってことなのか。海外に負けるなと言うメッセージなのか。

 技術を守ると言う思想には共感。政治も協力する必要があるとこの作品を通じても強く感じた。


 自分もゲーム作りができたら、と思う作品だった。


[各話感想]


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話 核研究者を守れ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! レスターはそろそろ離脱か? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話を紹介します! [内容] #7 シミタール エリザベスはトムを監禁していた。そしてベルリンへの手がかりを聞き出す。イヴァン・ヴァルコフの名前を聞き出し、レディントンに共有。 レディントンからはイランの核兵器研究者の暗殺事件がきっかけでシミター

Comments


bottom of page