top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

二度目の緊急事態宣言



こんにちは、Dancing Shigekoです!


昨日は雨で気づかなかったのですが、今朝は晴れていて日の出が少しずつ早くなってきたのを感じました。明るくなるのが早いと、自然と気持ちも明るくなっていきますね。


先週の一都三県に続き、今日二府五県に追加で緊急事態宣言が出ました。


私の勤務先も対象地域にあり、朝から動向を気にしていました。

ところが政府の正式発表は18:30過ぎ。しかも発令は明日からと。


その発表、?と思うことが起きた。


政府はなぜ、そんなに遅くまで引っ張って明日からとするのか?各企業の段取り力を求めているのか?13:00頃にあった諮問会の結果報告をなぜ正式な宣言としないのか。


果たして明日からどのくらいの変化が起きるのか。


先週の発令は発表から二日後が発令だったと思うのだけれど、なぜ今回は明日としたのか。


振り返れば土曜日に要望を受け取った政府の第一報は、判断が今週末になるだったのが、わずか二日程度で今週中にも発令と、方針が変わっていた。


こう言った非日常の時の判断が難しいのは理解するものの、?と思うことが続くと、純粋に判断力に疑問を感じ始めてしまう。こう言う時こそ、早い判断が欲しいです。たとえ、その内容が70点とかでも。100点満を目指すあまり、決断が遅くなるのなら、どんどん決断して進めて行ったら良いのに、と思ってしまう。


そして、そう言う様子を見て、自分の日頃の仕事にも通じる部分を感じる。即断してすぐさま行動に移して、次々と進めていく仕事に仕方をより一層心がけていきたいと思うのでありました。


皆様はどうですか?


それでは、また明日!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『競争の番人』第5話 世界で勝つには…

こんにちは、Dancing Shigekoです! アレス電機との対決はどうなるか? 今回は国内ドラマ『競争の番人』第5話を紹介します! [内容] #5 情報漏洩!? 公取内部に裏切り者が? 下請けいじめ、ついに決着!! 公取がアレス電機の立入検査を実施しようと考えていたところ、検察が横領の疑いで先に調べたいから待ってほしいと依頼がある。しかし、本庄審査長は毅然と断り、立入検査当日。タイミングを見計

bottom of page