top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 第四部ダイヤモンドは砕けない』杜王町の奇妙な物語

更新日:2023年6月30日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今日はジョジョシリーズ第四弾 アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 第四部ダイヤモンドは砕けない』を紹介します!


[あらすじ]

 空条承太郎が杜王町にやってきた。東方仗助を見つけて、彼の父親がジョセフ・ジョースターであることを伝えるためだった。また杜王町に危険人物がいることも伝える。仗助は、何がなんだか分からず、家に帰ると、その危険人物という男に会う。アンジェロと呼ばれたそのとこはスタンド使い。この街にエンヤ婆から弓と矢をもらった人がいると言う。その人物を探すために承太郎はしばらく町に残る。仗助は普通の高校生活を送ろうとしていたが、身の回りに次々とスタンド使いが現れるようになるのだった。

[感想]

 色鮮やかな街でスタンド使いとの戦いが繰り広げられる。第三部の冒険の色合いから一転、学園もののテイスト。もりもりもりもり~♪で始まる杜王町のラジオのDJを始め、仗助、億泰、康一と登場する人物の声優が実にあっていると言うのが、まず感じたこと。原作を最後まで読んだか、記憶は定かではないけれど、どのキャラも実に個性がよく出ていると感じた。その分、内容に集中できて、次々と現れるスタンドが、杜王町に合った能力というのも興味深かった。後半の展開はヒヤヒヤさせられ、杜王町って大変な街だなぁと感じて終わる作品でした。


[お気に入りキャラ]

1. 東方仗助

 あの髪型からは想像できない柔らかい物腰が、とても清々しくて、クレイジー・ダイヤモンドで傷ついた人たちを治していくその優しさが、カッコ良い。文句なしのNo.1キャラ!

2. 岸辺露伴

 ここは悩んだところではあるけれど、きっちりとしている露伴がいい。素直じゃないけれど、鈴美に対して照れながらもお別れを言うところなど、どこかその性格に共感するものがある。スタンド ヘブンズ・ドアーで相手の素性を見破って行く様子は、個人的には無敵って感じるカッコよさでした!


3. 虹村億泰

 あのいかにも悪で、どこかお茶目な話し方、このシリーズ一番のヒットキャラ。でもなかなか活躍する場が少なくてお気に入り度では3番手。もっとザ・ハンドを有効活用したら、あの憎い吉良吉影を倒せたのではないかと思うくらい、破壊力抜群のスタンド。そのエピソードをもっと見てみたい。


 皆さんの感想も是非お聞かせください!


 それでは、また明日!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『競争の番人』第5話 世界で勝つには…

こんにちは、Dancing Shigekoです! アレス電機との対決はどうなるか? 今回は国内ドラマ『競争の番人』第5話を紹介します! [内容] #5 情報漏洩!? 公取内部に裏切り者が? 下請けいじめ、ついに決着!! 公取がアレス電機の立入検査を実施しようと考えていたところ、検察が横領の疑いで先に調べたいから待ってほしいと依頼がある。しかし、本庄審査長は毅然と断り、立入検査当日。タイミングを見計

bottom of page