top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『DEATH NOTE』第27話 動き出すLの後継

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 夜の風は気持ちいい。


 今回はアニメ『DEATH NOTE』第27話を紹介します!


 前回感想 → こちら


[内容]

#27 誘拐

 滝沢長官が誘拐される。捜査本部への要求はデスノートとの交換。誰の仕業なのか、ライトは混乱する。ことが大きくなる前に滝沢を殺すライト。ところがそれで誘拐犯であるメロは捜査本部の中にキラがいると確信。

 メロの次なる行動は夜神粧裕の誘拐。

 一方、FBIと協力していたニアはその犯行がメロだと確信していた…


[感想]

 メロとニアが動き出す一話。

・Lの後継者は?

 メロはLの死を聞いて、ニアと自分とどちらがあるの後継者になるのかを聞く。しかしLの意思は確認できていないからわからないと答える。

 見るからに血気盛んな感じのメロ。対照的に物事にあまり関心がなさそうなニア。この場面だけ見ると、結論は既に出ているように見える。ニアの方が後継に相応しく見えるのだから、第一印象というのは大切である。


・長官とデスノートの交換要求

 メロは警察庁長官を誘拐して、デスノートとの交換を要求。こんな作戦が出てくるとは予想外。メロはデスノートを手に入れて邪魔者を消したいと考えている。こう言う考えの人物の手に入ったら大変ね。

 結局、第一印象通り、メロはどちらかと言うと悪な感じだったので、予想通りに悪な動き。事件解決のためにデスノートを手に入れようとしているわけではないのだから、厄介。しかもLの次くらいに頭脳明晰なのだから、ニアが先に手に入れることを期待。


・保身のためには手段を選ばないライト

 長官が誘拐されてデスノートと引き換えをするぐらいなら、長官を殺した方がいいと考えるライト。そして、迷わずデスノートで殺す。

 これまでにも何度もライトの行動には疑問を感じていたものの、ここまで行くと早いこと捕まってほしいと感じずにはいられない。

 妹が誘拐されてどうするか、注目。自分への嫌疑を避けるために同じように殺すのかな?

・いかにもなところに潜むメロ

 マフィアと共に倉庫の一角に身を潜めている感じのメロ。どうやらロサンゼルスにいるらしい。その場所の様子と言ったら、実に。

 倉庫のような場所はこう言うワルがたまりやすいのかな。


・ニアが本気を出しそうな気配

 Lと似た感じがあるニア。冷静に物事を見つめている。Lとの違いは甘いものが好きではなく、パズルが好きと言うところか。

 そのニアが捜査本部に連絡を入れる。そして自分は第二のL、Nだと名乗って終わる。ライトにしてみたら大混乱。これまで一切出てこなかった人物の登場で何が起きているのか、さぞ困惑しているだろうと思う。

 気になるのはLの死を知ってから五年近く経過していること。それまであまり解決をするつもりがなかったのか。その辺りにちょっとばかり疑問。同時にここからニアが本気で事件解決に動こうとしているのを感じる。

 どんな感じでライトを追い込んでいくのか。Lの無念は晴らされるのか。

 新たな局面に入り、ニアの動向が気になる終わり方の一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第2話 誰のための仕事か?

こんにちは、Dancing Shigekoです! 昇仙峡が動くか? 今回は国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第2話を紹介します! [内容] #2 銀行の裏切り!? 臨店班は白石珈琲の情報を漏洩しているとして赤坂支店に臨店に向かうことになった。白石珈琲が出店予定だった土地にライバルのオマールカフェが出店する事案が続いていると言う。その真相を調べるために、相馬と花咲は赤坂支店、白石珈琲、オマ

映画『カクテル』バーテンダーの生き様?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! トム・クルーズ作品に専念。 今回は映画『カクテル』を紹介します! [基本情報] 原題:Cocktail 監督:ロジャー・ドナルドソン 脚本:ヘイウッド・グールド 原作:ヘイウッド・グールド 製作:テッド・フィールド ロバート・W・コート 音楽:ピーター・ロビンソン 主題歌:ザ・ビーチ・ボーイズ『ココモ』 撮影:ディーン・セムラー 編集:ニール・トラ

Comentarios


bottom of page