top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『DEATH NOTE』第11話 第二のキラ現る!

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 しばらく鑑賞続き。一日一話は進めたい。


 今回はアニメ『DEATH NOTE』第11話を紹介します!


 前回感想 → こちら


[内容]

#11 突入

 捜査が行き詰まっている中、さくらテレビがキラのビデオを放送する。次々と予告通り殺害されていく様子を見ていた捜査本部では宇生田が現場に行って放送を止めさせようとする。しかし、次の瞬間、被害に遭ってしまう。相沢が後を追おうとするがLの反対を受けて思いとどまる。

 ところが夜神総一郎が病院から抜け出し、誤送者で放送局に突撃。ビデオテープを奪い取ってくる。キラの要望に対して、Lは応じない姿勢を示すのだった。


[感想]

 第二のキラが登場する一話。

・ビデオメッセージという新たな形

 メッセージがマスコミ経由で報道される時点で、これまでのキラとは違う気配。Lはその放送をどう見たのか。予告通りに人が次々と殺されたから、少なくともキラと同じ力を持っているとLは見たに違いない。

 そして放送を止めさせようと現地に向かった宇生田が殺されたことで、これまでのキラとは違うのを確信したはず。名前はわからなくても殺せると、見抜いている。

 完全に人をおちょくっていると感じてしまう。


・衝動を必死で抑えるL

 宇生田を殺され、相沢が向かうと言い出した時、いつもの口調でLはダメですと止める。感情的になって向かっていこうとする相沢はなぜ止めると怒りをあらわにする。それに対してLはキラが名前がなくても殺せる術を持っている可能性があると、相沢まで犠牲にはできないと言う。そして怒りで体を震わせている。感情がないわけではなく、必死に抑えているのが分かる。

 この冷静でいながらも、熱い気持ちがあるのが伝わってきて、ますますLを応援したくなる。


・放送局はどう思ったのか

 一方、予告通りに次々と被害者が出ているにも関わらず、放送を続ける放送局、さらに夜神総一郎がやってきて、放送を中止しろと命じられた出目川は視聴率のことばかり気にしている。

 正直、殺人が起きることで視聴率が伸び、それをよしと考える出目川は、キラと同伴、もしくは世の中の人々にキラを肯定しているように見せる分、悪のように感じてしまう。

 こう言った無神経な報道は実際の社会でもあるのだから世の中、恐ろしいと感じてしまう。


・ライトの出番少なめ

 今回はライトの二面性がたくさん出てくる展開ではなく、登場は少なめ。そのためか、見ていてまだ嫌な感じは少なくて済んだ。それでも、リュークと話をする姿などは相変わらず、イマイチな存在。そんなに人を殺すことに何も感じない人間というのもいかがなものかと。

・第二のキラが姿を見せる

 ミサと呼ばれた女性が姿を見せる。キラに気づいてもらいたくて、ビデオメッセージを出したと言う。どんなきっかけでデスノートを拾ったのだろうか。

 それにいくらなんでも、キラに会いたい為にそこまでするのか。死神の目を手に入れたと言う事は寿命が半分になっている。ライト以上にクレイジーな気配。警察も迷わず殺してしまうのだから。

 リュークの遊んでいる姿を見て、楽しそうと死神が感じたのか。次々とデスノートを持ってこられたら、大変なことになりそう。

 

 追いかける対象外二人になって、ますます難しい局面になった感じのある一話だった。


 皆様の感想も是非お聞かせください!

 それでは、また次回!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話) 決着はついた?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! どんな結末に? 今回は国内ドラマ『Re:リベンジ-欲望の果てに-』第11話(最終話)を紹介します! [内容] #11(最終話) 欲望の果てに 海斗は罪を認めていた。さらに会長の罪の糾弾しようとしていたが、その場は逃れられてしまう。 そのあと、会長が倒れ、手術することに。大友が執刀医を担当する。会長を脅迫して、隠蔽に加担していたことを吐かせる。その録

Comentários


bottom of page