top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』第11話 柱が上弦の鬼を破る時

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 ついに最終話!


 今回はアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』第11話 を紹介します!


 前回の感想 → こちら


[内容]

#11 何度生まれ変わっても

 妓夫太郎の体から噴き出した血の海で全滅の危機にあった天元ら。そこで動いたのは禰󠄀豆子。炎を禰󠄀豆子の燃える血で鎮火していった。

 気がついた炭治郎は善逸、伊之助と探しに行く。毒が回って心臓の音が弱くなって行く伊之助を助けたのも、またしても禰󠄀豆子。燃える血で毒を燃やして無くす。

 さらに天元の毒も消し去った。そして炭治郎と二人で妓夫太郎と堕姫の最期を見届けに行くのだった。


[感想]

 遊郭での戦いが終わりを迎えた一話。

・禰󠄀豆子、最強の守り神

 上弦の鬼のトドメを刺すのは禰󠄀豆子かなと思っていた前回。予想とは違って、炭治郎、善逸、伊之助が首を切る。

 しかし禰󠄀豆子が秘密兵器として、もう一度活躍する場があると思っていたら、今回は禰󠄀豆子の回。妓夫太郎の血を止め、さらに炭治郎、伊之助、天元の毒を消す。

 そして炭治郎を背負って鬼の最期を見届けに行ったり、善逸らのところに戻ったりと、非常にたくさん動き回る。炭治郎にこき使われているように見えなくもなかったけれど、素直に行き先に向かう。根っから、炭治郎を信頼しているのが分かる。

 禰󠄀豆子がいなかったら、鬼殺隊全滅だっただろうなぁと思うだけに偉大。他の鬼もまずは禰󠄀豆子を片付けるように言われてきそうな感じだった。


・炭治郎、見届ける

 どんなに悪いことをした鬼に対しても、最期の時は優しく見守る炭治郎。堕姫と妓夫太郎が言い争いをしているのを見て、妓夫太郎が言ってはいけない言葉を言いそうになったらすかさず止めに入る。

 これまでにしてきた悪いことを誰も許してくれない、それでも見方をしてくれるのは兄妹のみだと。妓夫太郎はそれで、堕姫の元の名前を思い出し、見放さずに旅立って行く。

 この辺りが炭治郎の良さなのだと思う。鬼に対しても最期は穏やかな気持ちで終われるように見守る。この感覚は他の人たちにはないように感じる。

・天元、引退決める

 毒が回り始め、死を覚悟する天元。3人の妻に別れを告げようとする。しかし、泣きじゃくる須磨に話すタイミングを失い、完全に毒が回って舌まで麻痺してしまう。

 ところが禰󠄀豆子のおかげで毒は完全に消える。既にこの時、天元は3人の妻と隠居生活をすることを決めている。腕を失い、左目も負傷。そして3人との約束。上弦の鬼を倒したことと、炭治郎らが成長しているのを知って安心している感じ。

・伊黒小芭内、天元のもとに

 戦いが終わって天元が3人の妻とゆっくりしているところに伊黒小芭内が現れる。上弦の睦を倒すのに、そんな負傷していて情けないと言わんばかりの顔をする。

 その伊黒も炭治郎がこの戦いに生き残ったことを知って、少なからず驚きを示す。まさか生きているとは思っていなかった感じ。

 伊黒小芭内が炭治郎たちと共に行動する日が楽しみ。どんな感じになるのだろうか。


・猗窩座、次へ

 第一話で姿を見せて以来の登場。上弦の中では頻繁に姿を見せる猗窩座。彼がいる場所には他の上弦の鬼も来ているのだろうと思われる。下弦が一人上がるのか、それとも上弦の鬼にハッパがかけられるのか。

 猗窩座は、今後どんな位置付けで登場するのか。最後まで生き残りそうな気配があるのはなぜか?

 戦いが終わり、次なる道へと出発しそうな予感の最終回。天元、お疲れ様という気持ちの残る一話だった。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

映画『グリーン・ナイト』ガウェイン、騎士になる?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! アリシア・ヴィキャンデル出演作品を鑑賞。 今回は映画『グリーン・ナイト』を紹介します! [基本情報] 原題:The Green Knight 監督:デヴィッド・ロウリー 脚本:デヴィッド・ロウリー 原作:『ガウェイン卿と緑の騎士』 製作:トビー・ハルブルックス ジェームズ・M・ジョンストン デヴィッド・ロウリー ティモシー・ヘディントン テレサ・ス

国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第9話 急展開?!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 紀本本部長との対決が強まるのか。 今回は国内ドラマ『花咲舞が黙ってない(2024)』第9話を紹介します! [内容] #9 さよなら臨店班 東東デンキが粉飾決算をしていたと報道されている。メインバンクの東京第一銀行にも影響が出ると構えていると、新聞報道の二ヶ月前に東京第一銀行に情報が挙がっていたと言う。その情報を公開しないでほしい、と隠蔽指示を銀行が

Comments


bottom of page