top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第8話 彼らは何者?

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 エドワードはどうする?


 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第8話を紹介します!


[内容]

#8 第五研究所

 第五研究所にはスライスとチョップ・ザ・バリーが待ち構えていた。研究所の中に入っていたエドワードはスライスと、外で待っていたアルフォンスにはバリーが襲いかかっていた。エドワードはギリギリのところでスライスを倒して、賢者の石について聞き出そうとしていると、暗闇から現れた何者かに、スライスは破壊されてしまう。

 アルフォンスはバリーの口撃に自分の存在は本物なのか、と不安を抱き始めるのだった。


[感想]

 エドワードが賢者の石の錬成場所に近づく1話。

・アル以外にも魂の定着

 第五研究所には二体の番人がいる。どちらも鎧に魂を定着している番人。元は死刑囚が魂を定着されたと言う。かなり難しい錬金術だと言われている魂の定着。それを普通に実現している人たちがいる。

 軍の研究機関というのは、かなり優秀な人材を揃えて、研究に取り組んでいるのだと知る。もっと健全な研究をしたら良さそうなところを。どうなのだろうか。


・迷い始めるアル

 研究所の外でバリーと戦っているアルフォンス。よく喋るバリーが、アルフォンスを迷わせ始める。本当に存在していた、などどうやって証明するのかと。体がないということは、作られた記憶のただの操り人形かもしれないではないか、とアルに口撃を続ける。かなり狡猾な発言。

 しかし、実は本人がそう思っているのかもしれない。記憶があるけれど、自分には体がない。本当は最初から存在しなかったのではないか、と感じているのだろうと思う。

 体がなくて記憶だけある。それはバリーの言うとおり、人形なのかも?と感じる展開。


・妨害してくるものたち

 そしてスカーの前にも現れ、リオールの教祖も唆していた人物たちが、ここでも現れる。初めて見る人だったら、彼らは一体何者なのか。狙いが何なのかと、先が気になって仕方ないのではないか。

 体に模様が入っていて、その模様って、実はアニメ『七つの大罪』のメリオダスらと同じものだったりするのだろうか、と違った興味が湧いてくる。一度、停止させてじっくり見てみようか。

 エドワードは、いつ彼らが何者かを理解するのだったか。記憶から消えている。


 そろそろ謎の人たちとの衝突が顕在化しそうに感じる1話だった。


 前話感想→こちら


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話 核研究者を守れ!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! レスターはそろそろ離脱か? 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第7話を紹介します! [内容] #7 シミタール エリザベスはトムを監禁していた。そしてベルリンへの手がかりを聞き出す。イヴァン・ヴァルコフの名前を聞き出し、レディントンに共有。 レディントンからはイランの核兵器研究者の暗殺事件がきっかけでシミター

Comments


bottom of page