top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第5話 御堂筋を立ち直らせたのは…

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 三日目はどんな展開が待っているのか。


 今回はアニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第5話を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#5 薬局までの3km

 御堂筋は三日目に参加する意味がないと考え、京都まで自転車で帰ることにしていた。ところが、その途中、薬局に向かう小野田がやってくる。そしてアニメの質問をしてくる。きも!と思いながら振り払おうとするけれど、しつこくついてくる小野田。笑顔で走っている様子を見て、自分の過去を思い出していた。薬局まで一緒に走った後、御堂筋はいなくなる。

 夜が明けて大会三日目を迎える。それぞれのチームがスタートラインに立つ中、御堂筋は姿を見せない。それでも来てくれると信じている石垣が探しに行くと、ゆっくりと御堂筋が姿を見せる。

 スタートラインでは、金城らを見守る寒咲にちょっかいを出してくる男がいた。広島呉南工業の待宮と名乗り、チーム6人残っていることをアピールするのだった。


[感想]

 インターハイ三日目を迎える一話。

<いざスタートラインへ>

・チームで戦いたい

 スタートラインに着いた時に御堂筋が来ていない。石垣は、御堂筋と一緒に走りたいと考えている。それで必死に探しにいく。どんなに嫌なやつでもこうして仲間はできるもの。そこには本当に強い、という部分と、御堂筋の内側にある孤独が分かっているからなのではないだろうか、と思う部分がある。

 こう言ったチーム感がいい。さらにその後に登場した広島呉南工業のイメージが悪かったこともあり、京都伏見すら、仲間に見えてきてしまうのだから、面白い。

 三日目、どうなっていくのか。


<三日に臨む人たち>

・誰とでもアニメの話をしたいと考える小野田

 これまで散々、嫌な選手として君臨してきた御堂筋。その御堂筋でさえも、小野田にはアニメの会話相手になる。「ザク」というのは、あれ?みたいな感じでフレンドリーに話しかける。当然、それを気持ち悪がる御堂筋。それでもなかなか離すことができないでもどかしく感じている。

 その様子が実に面白く、またこうして小野田が御堂筋と一緒に走ったために、御堂筋はもう一度走ろうと思うようになったのだと思うと、小野田の貢献大きい。

 ただ御堂筋の強さを考えると、厄介な選手が戻ってきたと思ってしまうけれど、果たしてどうなるのか。


・地味にエロな待宮

 これはこれは、かわいいお姉ちゃんがおると言った感じで現れる呉南工業の待宮。寒咲の肩に腕を回して、地味に胸も触る。考えてみたら、この人たち、高校生だものね。そういった行動をしたくなる年頃なのだと思い出す。

 彼らが高校生であることを認識して三日目は見ることができそう。


<賑わうスタート地点>

・本栖湖がスタート地点

 二日目のゴールがそのままスタート地点になっているように見えるコース。そこにはたくさんの観客が集まっている。それなのに、自転車は前日よりもかなり減ってしまっている。足切りされたチームがたくさんいる。

 三日目、どんなコースを走っていくのか。


 いよいよ三日目が始まる。新たなチームが現れて荒れ模様になりそうな予感のある一話だった。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第16話 エリザベスを守るために!

こんにちは、Dancing Shigekoです! エリザベスは罪に問われるのか。 今回は海外ドラマ『THE BLACKLIST/ブラックリスト シーズン2』第16話を紹介します! [内容] #16 トム・キーン 港湾保安官エイムズ殺害の非公開の聴衆で判事リチャードは判決を下そうとしていた。その当日、法廷に現れたのはトム・キーン。ドイツでレディントンがトムに交渉してきた結果、トムは法廷に現れて、自分

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第49話 決戦の日、始まる!?

こんにちは、Dancing Shigekoです! どこから衝突が激化するのか。 今回はアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第49話を紹介します! [内容] #49 親子の情 スラム・カナマの丘でプライドとの戦いが続いている。その戦いに区切りをつけたのはアルの作戦。アルが囮になって、プライドとアルをまとめて暗闇の中に封印する。そこにスカーも合流して、約束の日の作戦を再確認す

Commentaires


bottom of page