top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第20話 譲らない二人

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 今泉と御堂筋の戦いが始まる!


 今回は アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第20話 を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#20 今泉vs御堂筋

 今泉と御堂筋のバトルが始まる。御堂筋は5メートル差をつければ、そこで戦意喪失して脱落していくと考えて、ひたすら前に出ようとする。今泉との直接対決では分が悪いと考えた御堂筋は、小野田の左側から交わしていく。そして小野田を今泉の方に向かうようにわざと接触して、時間を稼ぐ。その間に斜度20度の坂道をトップで入っていく。今泉は、諦めることなく力の限り追いかけていき、並ぶ。

 そのままふじあざみラインの下りに突入。お互い譲ることなく、並走していくのだった。


[感想]

 今泉と御堂筋の戦いが激しく展開される一話。

<勝負の行方> ・譲らない二人

 残り5kmを切って、今泉があと4200、3700と数えている。御堂筋と並んだ状態。ヘルメットをぶつけ合って、牽制している。御堂筋が下り坂で転倒しかかったものの倒れず、また戻ってくる。そんな展開が続く。

 あまりに激しい戦い、下り坂で二人が大転倒をするのではないか、と感じてしまった。まさかの結末が待っているのか。見た感じ、このまま勝敗つけられないように見える。転倒という結末は、あまり嬉しくないだけに、何か変化が起きてほしい。


・小野田はついてきているのか

 下り坂に入って、小野田が姿を消してしまう。今、どのくらい離れているのか。今泉と御堂筋の勝負に決着をつけるとしたら、小野田の存在だと思う。小野田が再び先頭に立って、御堂筋の気を散らすという流れではなかろうか。

 と思いたいのだけれど、下り坂での様子から行くと、だいぶ差がついてしまった感じ。大丈夫なのだろうか。


・箱学は脱落したの?

 そして何よりも不気味なのが箱学。福富がチャンスを狙っているのは明らか。そこに真波が合流したのだから、このまま沈んでいくことはなさそう。追いついてくるのか。あと4kmを切ったこのレース。どの辺りで牙を剥くのか。

 総北に勝利してもらいたいけれど、理想は箱学とのギリギリの戦いが展開される流れ。きっとそうなるのだろうけれど、こちらもまた何がきっかけで追いついてくるのか。その辺りが読めない。


<人間離れ>

・異様な形になっていく御堂筋

 このアニメの中で唯一異質な存在の御堂筋。顔が一回、不気味なまでにまともなものになった瞬間があったように思う。小野田と今泉を眺めている時の様子。

 その顔もかなり印象的だったけれど、手足が伸びるような感じの動きがあって、いよいよ化け物という感じ。ここでも東堂の、「規格外」という表現が適切と感じてしまう。

 ただこれだけ不気味な感じになっても、それが御堂筋、として受け入れられるところが不思議。こういう存在が一人くらいはいてもいいのだろう。

<ふじあざみライン>

・上りの途中の下り坂

 ずっとひたすら登っていくのかと思っていたら、ゴール前、最後の下りがあるみたい。どのくらいの下なのか。距離は、斜度は?猛スピードで突っ込んでいって、飛び上がったりしないのか。ここでは何か、異変が起きそうで不安が広がる。


 まだまだ勝負の行方が見えない一話だった。

 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page