top of page
検索
  • 執筆者の写真Dancing Shigeko

アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第16話 今泉が飛び出す!

更新日:2022年12月31日

 こんにちは、Dancing Shigekoです!


 鳴子の思いを繋げられるか?


 今回は アニメ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』第16話 を紹介します!


 前回感想→こちら


[内容]

#16 エース今泉!

 鳴子が転倒するのを見て、気持ちが伝わってきた今泉と小野田。ペースを上げて箱学に追いつき、そのまま前に出る。福富にエースは誰かと聞かれ、今泉が迷わず自分だと答える。福富の仕掛けにも動じず、ついて行き更には前に出る。

 そして残り15kmとなったところで今泉が飛び出していく。常に福富を抑えて前を走るのだった。


[感想]

 鳴子の思いをつなぐ今泉の走りが見られる一話。

<すぐさま仕掛ける一年> ・勝つことをど真ん中に意識する

 今泉が一気に箱学に迫っていく。小野田もついていく。今泉は自らをエースだと言って、勝利に執着している。福富に負けるはずがない、という気配を醸し出す。

 福富が実力確認として、一度仕掛けるけれど、あっさり追いつき、追い越す。

 残り15km。まだ勝負を仕掛けるには早いと感じるタイミングにも関わらず、一気に仕掛けていく。

 福富が追いついてきては、また話を繰り返す。そこには勝利以外のものが見えていない。先頭を走る静かさを思い出している感じ。

 一時は、御堂筋に負けて、もう戦う意味がないと思っていたこともあった今泉がここにきて、急成長。このまま福富に差をつけて勝利するのか。


<過去から今へ>

・おぼっちゃまだった頃の今泉

 今泉は先頭に立って、小学生の頃を思い出す。なんでも買ってくれる親。そのことに喜びを感じず、欲しいものも思い浮かばない。母親の提案で自転車を買うことになり、寒咲自転車に行く。どれでもいいと思ってみていた自転車。ところが、ロードレーサーが目に入り、興味を引く。それを感じた寒咲が試しの乗るかとロードレーサーを出してくる。

 それに乗ってみて、あまりの快適さに世界が変わっていく。そんな経験をして、自らこれが欲しいと言った頃を思い出している。

 このまま今泉は勝利を手にするのか。何もなければ、勝てると思っている今泉。その何かが起きてしまう予感がするから恐ろしい。


・東堂をブロックする巻島

 ここまで静かに戦況を見守ってきた巻島。今泉が飛び出していったのを見届けて、東堂を止めに入る。東堂が先に行ったら、今泉の状況が悪くなるとわかっている巻島は、常に東堂を抑えている。

 1日目は山登りのトップを目指して勝負をした二人。今度は、エースを引くために前に出ようとする勝負。それを阻止する勝負。

 この間、小野田と真波はどうしているのか。もっと後ろにいるのか。それともすでに前に出ているのか。

 東堂と巻島、再び勝負をする時が来て、喜んでいるのか。


・静かに迫る御堂筋

 そして不気味に迫る御堂筋。だいぶ距離は離れていそうだけれど、黙々と走り続けている。御堂筋が迫ってきているのなら、田所や金城が気付きそうなところ。鳴子が脱落した辺りまですでにきているのだから、結構、近い?

 まさかとは思うけれど、御堂筋が追いついてくるのか。


<坂道のぼる>

・壁迫る坂道

 総北が箱学に追いついて、福富がエースは誰かを聞く。今泉が自分がエースだと宣言する。それで力試しを仕掛ける。福富が出て、東堂と真波が総北を壁に追いやり、前に出られないようにする。そんな壁(崖)が迫る坂道。落石の危険もあるだろうに、そんなところを猛スピードで駆け登っていったら、一体、どんな感じなのだろうか。

 時々トンネルがあるなど、いかにも山を登っている感じのコース。

 そこを駆け登っていくのはどんな感じなのだろうか。 


 最後は御堂筋が立ちはだかる予感が残る不気味な一話だった。


 皆様の感想もぜひお聞かせください!


 それでは、また次回!



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内ドラマ『春になったら』第4話 神に謝る!

こんにちは、Dancing Shigekoです! 結婚を諦めた瞳、次はどうするのか? 今回は国内ドラマ『春になったら』第4話を紹介します! [内容] #4 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い 瞳は雅彦の死ぬまでにやりたいことリストを実現させてあげようと考えていた。一方で、それをこなしいくことは死へのカウントダウンとも感じて複雑な気持ちでもいた。そんな中、雅彦の担当医である阿波野先生と話をして、

bottom of page